たるみ解消のあらゆる方法

目の下のクマ解消に関するギモン

ここでは目の下のたるみの解消法を紹介しています。お悩みの度合い別に、それぞれに合った解消法を解説するので、自分に合った悩みの項目をチェックしましょう。

かんたんエクササイズ

目の下にたるみが生じる原因の一つとして、目の周りの筋肉が衰えてしまうことが考えられます。目をぐるりと取り囲んでいる筋肉を眼輪筋と呼びますが、眼輪筋も腹筋や背筋と同じで、年齢とともに衰えてきますし、日頃から鍛えておかなければたるみやすくなるのです。目の下のたるみを解消するためにも、日頃から眼輪筋のエクササイズを行うようにしましょう。エクササイズの基本は、目元をホットタオルで温め、血行を良くすることから始まります。

エクササイズその1
中指を目頭に、人指し指を目尻に置きます。
やや上を見て、下まぶたを強く縮めると目の周りの筋肉がピクピクと反応しますので、
その震えを確認しながら、緩めたり縮めたりを10回程度繰り返します。
エクササイズその2
目を大きく開き、強く3秒閉じます。これを5セット行います。
目を上下左右に3秒動かし、これを3セット行います。
目を右回り、左回りにぐるっと回し、これを3セットずつ行います。

アイクリームでマッサージ!

目の下のたるみを解消するためには、アイクリームを使用してマッサージを行うのも効果的です。アイクリームを使用する際には、クリームを両手の中指にのせてしばらく温めてからマッサージを行いましょう。こうすることにより、クリームがお肌に馴染みやすくなります。マッサージをする際の注意点は、力を入れすぎないことです。鏡を見て、しわが寄っていない程度の力加減で行うようにしましょう。

マッサージその1
血流を良くし、老廃物を排除するために有効なリンパマッサージです。
瞼にクリームを馴染ませてから、目頭と目尻を気持ち良い程度の強さでゆっくりと押します。
指の腹を使い、目の下をピアノの鍵盤を叩くような軽さでタッピングしてきます。
目元がポカポカと温まってきたら終了です。
マッサージその2
目尻から目頭に向けて、軽くなぞるようにマッサージをします。
血行が良くなっている入浴時に行うことにより、より効果が増します。

コスト面から考えてもやはり脱脂術

マッサージやエクササイズは、目の下のたるみを解消するための一つの方法ですが、始めたその日にすぐ効果を実感できるものではありません。目の下のたるみ解消というよりも、予防として考えた方がいいかもしれませんね。

たるみがくっきりと出てきてしまっている場合には、美容外科で受けることができる「脱脂術」が最も効果的です。セルフケアと比べると効果の差はハッキリと現われますので、より確実に若返りを叶えることができるのです。美容外科なんて高くついてしまうんじゃ…と思われる方もいるかもしれません。

しかし、長い目で見ると美容外科の一度の施術で目の下のたるみを解決してしまうほうが、高いアイクリームやマッサージクリームや美容液を買い続けるより、コストパフォーマンスは明らかに良いはずです。日頃からお手入れをマメに行なうことは大切ですが、高い美容グッズで長い時間ケアをする必要はなくなるでしょう。

疲れすぎ?昨日は無かったはずの目の下にたるみが…

目の下のたるみは、疲労や睡眠不足が重なると若い方でも現れます。しかし病気でなければ、ほとんどが解消法を行いきちんと休めばすぐに消えるので心配いりません。ただし、若いうちから無茶を重ねていると、年をとってから手におえない事態になることもあるので、あまり無理をしないように。

マッサージ
目元をマッサージして血行を良くしましょう。血流が悪いと、たるみの原因になるだけでなく、クマの原因にもなります。以下に、マッサージの方法を見ていきましょう。
  • マッサージその1
    血流を良くし、老廃物の排出を促すのに効果的なのがリンパマッサージです。瞼にクリームを馴染ませ、目頭と目尻をゆっくりと押していきます。力を入れ過ぎずに、気持ち良いと感じる強さで押しましょう。指の腹で、目の下をピアノの鍵盤を叩くような軽さでタッピングしてきます。 目元がポカポカと温まってきたら終了です。
  • マッサージその2
    目尻から目頭に向けて、軽くなぞるようにマッサージをします。血行が良くなっている入浴時に行うことにより、より効果が増します。
ホットタオル
ホットタオルで目元を温めるのもおすすめです。目の疲れはたるみの原因になります。毎日パソコンやスマホを長時間見ている方は、特に注意が必要です。 負担をかけた日の夜は、ホットタオルで目元を温めてから休むと良いでしょう。
紫外線対策
紫外線はシミや乾燥だけでなく、たるみの原因にもなります。紫外線の強い日は、化粧や日焼け止めだけでなく、帽子やサングラス、日傘で対策しましょう。

加齢のせい?たるみがメイクで隠しきれなくなってきた…

年を重ねると、多くの方が「たるみ」問題に直面するでしょう。特に30代後半に突入すると、メイクでの誤魔化しに限界を感じる方も少なくありません。加齢による衰えは日々加速するばかりなので、他にも様々なお悩みに直面するでしょう。

そうとなれば、日々のスキンケアに+αの対策を取り入れなければなりません。以下に、40代になる前には取り入れておきたい、目の下のたるみ解消法を紹介します。

コラーゲンサプリをのむ
目の下のたるみを解消するためには「コラーゲン」が必要です。サプリやドリンクで、内側からコラーゲンを増やすことにより、お肌を元気にします。
たるみへ効果のあるアイクリームをつける
毎日のスキンケアに、アイクリームを取り入れましょう。アイクリームを使う時は、クリームを中指の腹にのせ、人肌に温めてからマッサージをするように塗り込みます。注意する点は、力を入れすぎないことです。鏡を見て、しわが寄っていない程度の力加減で行うようにしましょう。
エクササイズ
目の下にたるみが生じる原因の一つとして、目の周りの筋肉が衰えてしまうことが考えられます。目をぐるりと取り囲んでいる筋肉を眼輪筋と呼びますが、眼輪筋も腹筋や背筋と同じで、年齢とともに衰えてきますし、日頃から鍛えておかなければたるみやすくなるのです。
目の下のたるみを解消するためにも、日頃から眼輪筋のエクササイズを行うようにしましょう。エクササイズの基本は、目元をホットタオルで温め、血行を良くすることから始まります。
  • エクササイズその1
    中指を目頭に、人指し指を目尻に置きます。
    やや上を見て、下まぶたを強く縮めると目元がピクピクと震えるので、震えたことをチェックしながら、緩めたり強く縮めたりを10回ほど行います。
  • エクササイズその2
    目を大きく開いた後、3秒間強く閉じます。これを5セット行います。
    3秒間、目を上下左右に動かします。これを3セット行います。
    目を時計回り、反時計回りにぐるっと回します。これを3セットずつ行います。
これらは目の下のたるみを解消するための一つの方法ですが、始めたその日にすぐ効果を実感できるものではありません。日頃からお手入れをマメに行なうことが大切でしょう。

目の下のたるみで顔の印象まで変わってしまった!

目の下のたるみが悪化すると、まるで線を引いたような、くっきりとした影ができでしまいます。すると、「老けている」「疲れている」「ちょっと怖い」など、悪い印象を持たれてしまうことも。

接客業や営業職の方にとって、第一印象はとっても大事。特に「目」は、最も印象を左右するパーツと言っても過言ではありません。印象まで変わってしまうような目の下のたるみには、確実に効果が望める解消方法をおすすめします。

美容外科で手術を受ける
たるみがくっきりと出てきてしまっている場合には、たるみ取り手術を考えるのも良いでしょう。セルフケアと比べると効果の差はハッキリと現われますので、より確実に若返りを叶えることができます。
中には、美容外科なんて高くついてしまうんじゃ…と思われる方もいるでしょう。しかし、長い目で見ると美容外科の一度の施術で目の下のたるみを解決してしまう方が、高いアイクリームやマッサージクリーム、美容液を買い続けるより、コストパフォーマンスは明らかに良いはずです。
また、コスト面が気になる方は「脱脂術」がおすすめ。手の届きやすい費用で受けられる、たるみ取り手術です。もちろん安いからと言って、危険度が高かったり、効果が出にくいということはないので安心してください。
美顔器でたるみを引き締める
家庭用の美顔器を購入するか、エステサロンで施術をしてもらいましょう。自分でマッサージするより、効果があります。ただし、年齢によっては回数を重ねなければ効果が出ない場合が多いので、予定よりも出費が嵩んでしまった…なんてことにならないように気を付けましょう。
こちらもオススメコンテンツ