たるみを食い止める予防法

下まぶたのたるみに関するギモン

目の下をこれ以上たるませないためには!?

加齢に伴いたるんでしまう目の下。目の下がたるんでいると、実年齢より老けて見え、メイクで隠すことも難しくなります。目の下のたるみを予防するためには、まずは原因から知ることが大切です。

考えられる原因はいくつかありますが、多くの場合「表情筋の衰え」が関係しています。年齢とともに目の周囲の筋肉が衰えていき、脂肪が溜まって下に垂れ下がることで目の下のたるみが発生します。目の周囲の皮膚は他の部位の皮膚に比べると薄いので、たるみが目立ちやすい部位と言えます。特に、パソコンやテレビなど、長時間何かをじっと見ていることが多い人は、目の下にたるみができやすいので要注意です。

また、皮膚内のコラーゲンやヒアルロン酸など、肌の弾力を作っている成分が減少することにより皮膚のハリが失われ、垂れ下がりやすくなります。

他にも、まばたきの回数が減ること、メイクや洗顔でこすりすぎていること、紫外線による組織の破壊、皮膚の乾燥など、目の下のたるみが形成される原因はさまざまあります。これらを避けること、または改善する努力をすることにより、目の下のたるみを予防することができるでしょう。

目の下のたるみの効果的な予防方法

目の下のたるみ予防は早め早めから始めることが肝心です。

目の下のたるみの原因は上で述べた他にも様々で、同時に複数の要因が考えられることもありますが、予防ケアでは、まずは土台となっている表情筋へのアプローチが重要です。長時間何かを見続ける機会が多い方はその生活習慣を改め、表情筋のエクササイズをするようにしましょう。

最も手軽にできる目の下のたるみ予防エクササイズが「ウインクエクササイズ」「眉上げエクササイズ」です。その名の通り、意識してウインクや眉上げをすることで目の周りの筋肉がほぐれ、衰えにくくなります。

皮膚の衰えを予防するためにも、乾燥予防は徹底的に行いましょう。普段のクリームだけでは物足りない方はアイクリームなどを使用するのも手。しかし成分に気を取られて重たすぎるクリームを毎日塗りこんでいると、たるみを悪化させてしまう恐れもありますので、注意が必要です。

また、「顔がむくんでいるなぁ」と感じることはありませんか?実は、むくみからたるみに変化することもよくあります。目の下のたるみ予防は、毎日の積み重ねがものを言います。むくみを少しでも感じたら蒸しタオルを当てるなどしてすぐに解消してあげることが大切です。

すでに出来てしまったたるみを徹底除去するには?

毎日の積み重ねで未来の目の下のたるみは予防することができますが、すでにできてしまったたるみはどうしたらいいのでしょうか?

実はすでにできてしまっている目の下のたるみは、セルフケアで解消することはなかなか困難なこと。専門機関でたるみを除去してもらうことが最も確実な方法だといえます。

メジャーな方法が、美容外科での脱脂術です。一昔前まではメスを入れて脂肪を除去する方法が主流でしたが、最近は技術も進み、メスを使わず脱脂できる方法が開発されています。

切らない手術は、まぶたの裏側から行うのが主流。裏側からの施術なので、気になる傷跡は残りません。脂肪を除去したことで、今度は逆に目の下に凹みができてしまうケースがありますが、その場合は脂肪注入や専用の薬剤を同時に注入することで、自然にふっくらとした目元が叶います。

切らないたるみ取りは今では多くのクリニックで取り入れられていますが、正しいたるみ除去手術は、解剖学など、目の周囲や皮膚組織、たるみの種類に関する深く豊富な知識と経験がなければできない手術です。しかしこのような知識も経験も浅く、ただ皮膚と筋肉を切除するという手術を行っているクリニックも多いのが実情。美しい目元を取り戻すためにも、知識と経験が豊富な専門クリニックやドクターを選ぶようにしましょう。

こちらもオススメコンテンツ