保険はきく?

目の下のクマ&たるみ治療に関するQ&A

保険は適用されません。ただ、美容整形メニューの中には、
保険が適用されるものもあります。

目の下のクマたるみ治療に保険はきくの?

美容外科でも、保険が適用される治療を行っているクリニックもありますが、残念ながら目の下のたるみやクマの美容整形には保険が適用されることはありません。

保険が適用されるか否かの判断基準として、「美容目的」である美容整形の治療には、まず保険が効かないことを覚えておきましょう。そのため美容外科での治療は、一般的に高額な治療費になります。保険が適用されるかどうかは、厚生労働省が設けている「保険治療範囲」で決まります。

保険治療範囲は、健康を守るために作られた範囲であるため、受けなくても健康には影響のない美容整形はその範囲から外れてしまうのです。健康に影響を与える症状には保険が適用されますが、同じ治療名でも他のクリニックでは保険が適用されていない場合があります。
それは、単に状態を改善させるための治療ではなく、より美しく、若々しくするための工夫をその治療内容にプラスしていることで、その治療は保険対象外となるのです。

同じ治療部位でも、傷跡が残ってしまうような保険適用治療と、仕上がりの美しさにこだわった美容整形では、保険の効かない美容整形を受ける方の方が多いのではないでしょうか。

保険がきく目元の治療はある?

美容整形で保険が適用される治療には下記のような施術があります。

眼瞼下垂
眼瞼下垂とは、簡単に言えばまぶたが開きにくい状態のことで、コンタクトレンズを使用している人に発生しやすい、目の周囲の筋肉異常です。眼瞼下垂になると、肩こりを感じたり頭に重さを感じたりと、生活に支障が出てしまいます。そのため保険が適用され、片目で3~4万円程度の自己負担となります。
逆さまつ毛
逆さまつ毛になると、まつ毛が眼球に当たってしまい、眼球を傷つけてしまう恐れがあるため、保険が適用されます。
眼瞼外反修正術
眼瞼外反修正術とは、加齢により筋肉がたるみ、あかんべー状態になってしまった目の下の修正術です。3割の自己負担で、片目8,000円程度になります。
ほくろ除去
ほくろ除去の場合は、悪性の場合やその危険性がある場合は保険適用です。そうでない場合でも、施設の考え方によって保険適用になる場合があります。
例えば、ほくろが盛り上がっている、ほくろが大きい、部位が悪い、患者さんの心象(美容目的ではなく、病気を疑っている場合)など、施設によって保険適用にするか否かを決める基準が違います。

除去するほくろが保険診療となった場合、ほくろの個数ではなく、切除したほくろの合計の長さで料金が決まります。ほくろの合計の長さが2センチ未満であれば8,500円程度が相場です。美容のためにレーザーで除去したい、という場合はほとんどの場合が保険適用外でしょう。

なお、保険診療は、健康保険が使える施設でしか受けられません。
美容外科クリニックの中には健康保険が使えないクリニックもあります。気になる方は、保険適用の治療について、詳しくクリニックに問い合わせてみましょう。