ダウンタイムはある?

目の下のクマ&たるみ治療に関するQ&A

治療により腫れなどもありますが、整形術が進歩し、
かなり短期間になってきています。

手術した場合のダウンタイムは?

下まつ毛の生え際を数ミリ切開して脱脂する「切る脱脂術」は皮膚表面を切開するため、腫れは1~2週間程度続き、内出血を伴うこともあります。赤みが消え、キレイな目元になるまでには平均で2ヶ月程度かかるようです。

同じ脱脂術でも、下まぶたの裏側から脂肪を除去する「切らない脱脂術」は「ノーダウンタイム手術」とも言われており、腫れはほとんどなく、出た場合でも2~3日程度で引きます。
脂肪を除去せず、凹んだ部分に移動させる方法である「ハムラ法」も、皮膚表面を切開する場合は腫れが長引くことがありますが、結膜側から施術を行った場合は4~5日程度で目立たなくなります。

目の下にハリを与えるレーザー治療は、基本的にノーダウンタイムといわれています。しかし人によっては赤みが出ることがありますので、1週間程度は見ておいた方が無難でしょう。

プチ整形した場合のダウンタイムは?

目の下が凹んでいることでクマが目立つ方には、ヒアルロン酸注射や脂肪注入がおススメです。ヒアルロン酸注射は、多少の腫れが出ることもありますが、一般的には施術後すぐにメイクをして帰ることが可能です。

同じく目の下にボリュームを出す脂肪注入は、腫れは1~2週間程度続き、注入した脂肪が一時的に固くなってしまった場合は、馴染むまでに2週間~1ヶ月程度かかります。また、お腹や太ももなどの脂肪吸引をした箇所は、筋肉痛のような痛みが2~3週間ほど続くでしょう。

目の下のたるみをリフトアップする作用があるボトックス注入は、ほぼダウンタイムがありません。じわじわとその効果を実感することができるはずです。
目の周りはどうしても内出血しやすい場所なので、どのような施術をするにしても、実績豊富な医師がいるクリニックで治療を行いましょう。

最新治療から変り種治療などのダウンタイムは?

皮膚再生能力を向上させる治療法として「セルリバイブジータ」を注入する方法があります。この方法は、注入した段階で腫れがひどく、内出血やあざ、赤みなどの症状が現れることも。

腫れが引くまでには数日~1週間程度かかり、あざや内出血が出た場合は1週間~10日程度でおさまるでしょう。他にも、頭痛、しびれ感などを伴うこともあります。多方面からアンチエイジングを図る金の糸は、目の下のたるみ治療でも使われています。

金の糸の場合、医師の腕の差や個人差でダウンタイムの幅が相当変わるようです。ほぼ腫れや内出血を感じない方もいれば、1年たっても凸凹が目立ってしまう方など、その症状は様々。

初めにしっかりと腕のいい医師を見極める必要がありますね。肌を明るくすると人気のイオン導入は、シミが濃い部分やホクロがある部分には多少赤みが出ることがありますが、目立つ腫れや傷跡は残りません。