若いのに目の下にクマが出来るのは

目の下のクマ解消に関するギモン

若いのにクマが出来る原因は?

若い人のクマの原因はスマホやダイエット、ストレスなどさまざまです。最近は10~20代でもクマができる方が増えているようなので、若いうちにクマができてしまう原因について紹介します。

パソコン&スマホの使い過ぎ

パソコンやスマホを長時間使用すると、クマができてしまいます。スマホを見る際に顔が下向きになることよって、顔の皮膚全体がたるみやすくなり、結果目元もたるんでクマが目立つというわけです。また、パソコンやスマホを見ていると普段よりもまばたきが減少し、眼の筋肉が衰えてしまいます。筋肉が減少してたるんでしまうと、目の下にへこみができ、影が発生。その結果クマができてしまうのです。

メイク時の摩擦

最近は10代でもメイクを楽しんでいる方が多くなりました。それに伴い、クマに悩んでいる人が増えているのも事実です。アイメイクでシャドウを塗る際、チップで目元を強くこすってしまうと、摩擦によってくすみが発生します。また、クレンジングの際にメイクをしっかり落とそうという意識から強くこすってしまう方が多いのです。デリケートな目周りは強い刺激を受け続けると、肌を守ろうという本能的な反応でメラニン色素が発生。クマの原因になってしまいます。

ストレスや疲労

仕事のストレスや疲労によってクマができてしまうことがあります。20代に入り、社会人として働いている方に多い原因の1つです。仕事内容や人間関係などによってストレスが溜まってしまうと、顔や体の血行やリンパの流れが悪化してクマができてしまいます。 特に皮膚が薄い目元は症状がでやすい箇所なのです。また、睡眠不足の際も血行不良になりクマが発生しやすくなります。

若いうちのクマ解消法

「できてしまったクマはどう解消すれば良いの?」と思っている方へ、クマの解消法を3つ紹介します。

スマホの使用を控える

スマホをダラダラと時間も気にせず使用しないようにしましょう。特に寝る前にベッドの中でSNSをチェックしたりゲームをしたりする人は要注意。スマホ画面から発せられるブルーライトには睡眠を妨げる作用があるため、夜眠れずに睡眠不足となりクマが発生してしまうのです。
また、夜に限らずスマホの使用時間が多いと感じたら習慣化せず、時間を決めて長時間使用を控えるようにすると良いでしょう。どうしてもパソコンやスマホを長時間使用しなければならない場合は、こまめに休憩することが大切です

なるべくメイクをしない

クマが気になる人はなるべくメイクを控えるようにしましょう。特に学生はあまり化粧をする機会がなく、素肌が綺麗な時期。綺麗な素肌を保つためにはメイクではなく、スキンケアなどに注力してみるといいかもしれませんよ。社会人になるとどうしても化粧をしなければならない場合がありますが、その際はクレンジングのやり方に気を付けましょう。
アイメイク専用のリムーバーをコットンにたっぷり含ませ、なでるようにふき取ると◎。無理にこすらず丁寧に落とすとクマが出にくくなります。

ストレス解消

お肌の大敵とも言われているストレス。溜まってしまうと自立神経やホルモンバランスなどが乱れてしまい、血行不良になってしまいます。自分なりのストレス解消法を見つけ「ストレスが溜まっているな」と感じたら実践してみましょう。
趣味を持つ、運動する、遊びに行くなどなんでもOK。溜め込み過ぎないうちに解消するように心がけましょう。

自力では取れないクマは?

「何をやってもクマが解消されない」という方もいるのではないでしょうか?クマの種類や原因はさまざま。顔の造りによってクマが目立ってしまうという方もいるようです。
どうしても消えない方は美容皮膚科へ行くのも1つの手。そこで、良いクリニック選びのポイントを紹介します。

手術の種類が豊富

どんなクマにも対応できるよう、手術法が豊富に用意されたクリニックを選びましょう。クマには色素沈着が原因の「茶クマ」、血行不良が原因の「青クマ」、皮膚のでこぼこやたるみなどが原因の「黒クマ」などがあります。
それぞれ原因が違うため、治療法も異なるもの。1つの治療法だけを展開しているクリニックに決めてしまうのではなく、患者さん1人ひとりの症状に合った最適な治療を提供してくれるクリニックを選びましょう。

丁寧なカウンセリング

カウンセリングの際、丁寧に話を聞いてくれるクリニックを選びましょう。また、施術内容に関して分かりやすい説明をしてくれるかどうかもみるべきポイント。
相談した際にメリットだけを話すクリニックではなく、デメリットもしっかり伝えてくれるクリニックは信頼できると言えるでしょう。あまり話もせず、すぐに手術に入ろうとするクリニックは、術後にトラブルが発生する場合があるので注意してくださいね。

こちらもオススメコンテンツ