クマは4つのタイプに分けられる

目元のクマには4タイプあります。クマだと思っていた症状が、実はたるみだったということもあります。まずは、自分がどのタイプのクマなのかチェックすることが大切になってきます。

  • 黒クマ
    目が大きい、彫りが深い顔立ちの人に多い。上向きの状態で鏡を見ると色が薄くなる。ライトをあてると消える。
  • 茶クマ
    目尻を引っ張っても変化がなくクマの位置が動く。
  • 青クマ
    肌が白い人に多い。目尻を引っ張りクマが薄くなる、ホットタオルをあてると色が薄くなる。
  • 赤クマ
    冷え性やむくみがある人、目をこする習慣がある人に多い。頬の上の部分を下向きに引っ張ると赤みが増す。

クマの種類ごとに原因は異なる

黒クマは「クマ」ではなく「たるみ

黒クマは目の下のたるみが原因となり、皮膚の凹凸によって影ができてしまっている状態です。つまり他の3タイプのクマとは違い、皮膚自体の色が変化したわけではありません。そのため、他のクマのように血液循環を促したり睡眠を取ったりしても改善されることはありません。

黒クマの場合は、その直接の原因である、たるみのケアをすることで改善されていくのです。目の下のたるみは、目の筋力が低下などによって生じることが多く、セルフケアとしては目元の筋力トレーニングをする方法などが有効です。ただし、症状が進行している場合は美容整形で改善する方法があります。

茶クマは色素沈着が原因

茶クマは目の下の色素沈着によって、肌の色が濃くなってしまった状態。新陳代謝の低下などによって、本来であれば剥がれ落ちるはずのメラニン色素が残ってしまうことが主な原因です。

色素沈着には美容液やピーリングなどの美白ケアなどで緩やかに改善することが可能ですが、一度定着してしまったメラニン色素を除去するのは大変です。誤ったスキンケアやメイクでこすってしまうと悪化させてしまう可能性もあるので、セルフケアには注意が必要。確実性の高い治療を受けたいのであれば、クリニックでのレーザー治療などを検討するのがおすすめです。

赤クマ・青クマは血行不良によって起きている

赤クマ・青クマは、どちらも目の下の血管がうっ血することで起きる症状です。目の下の皮膚は元々薄いため、血行が悪くなった血管や筋肉の色が透けて見えてしまうのです。

皮膚の表面ではなく身体の内側に原因があるため、治療には血行の改善が必要。目の疲れ、肩こり、睡眠不足への対策を行ったり、蒸しタオルを使って目元を温めたりするのが有効です。根本的な解決には生活習慣やの見直しも重要ですが、クリニックなどでレーザー治療などを受けるのも良いでしょう

病気が原因でクマになることも

目の下のクマは病気が原因で生じる場合もあります。多くのクマは血液の循環環境と密接な関係があるため、何らかの病気によって起きている可能性も視野に入れておきましょう。ここでは、クマの原因になりうる病気の例を紹介しておきます。

  • うつ病
    自律神経の失調により、血流が悪くなることで目の周囲が青白くなることがあります。
  • 腎機能や肝機能低下
    多飲酒、甘いものの摂り過ぎ、重度の疲労で腎機能や肝機能低下を起こしていると血液が再生されにくくなり血が黒くなってくることで、目の下にクマができます。
  • 貧血
    貧血になると血液循環が悪くなります。酸素が血液に取り込めなくなるため、血液がどす黒くなり目の下が青クマになります。
  • 花粉症・アトピー
    目がかゆくてこすってしまうと目が色素沈着を起こします。これが茶クマになります。
  • バセドウ病
    甲状腺ホルモンの分泌異常で眼球が出てくるとがあります。眼球を支えている脂肪も前面にせりだすため、目の下に影ができ黒クマになりことがあります。

知らずにやっている習慣にも注意

普段、特に意識せずに行っている習慣が、クマの原因になってしまっている場合もあります。肌の機能が低下していない若い方でも、こうした行動の積み重ねによって、目の下のクマを悪化させてしまっているかもしれません。

  • ディスクワークによる長時間のパソコン作業
  • 長時間スマホを見ている
  • 自宅でテレビや雑誌ばかり見ている
  • エアコンの効いた室内で長時間過ごす
  • 濃いアイメイクをしている
  • クレンジングで目を強くこすっている
  • 海などで真っ黒に日焼けをしている
  • 冷え性やむくみが慢性化している
  • 睡眠不足の生活が続いている
  • 目をこするくせがある

まずは予防することが大切

前述のように無意識に行なっている習慣は、目の下にクマやたるみを作る原因になっています。長時間、近くを見ているだけでも目はとても疲労し、眼精疲労になります。それが血行不良を引き起こし、目の下のクマの原因に繋がります。パソコンやスマホのブルーライトも目を疲労させ、光の波長が目の筋力に負荷をかけるのです。これらを改善するには、パソコン作業のときにブルーライト対策のメガネを使用したり、時間を決めて遠くを見るようにするなど目を疲れさせない工夫が必要です。

メイクなどで目をこすることも注意したいところです。日焼けは茶クマの原因になりますし、寝不足や冷え性などは血行不良で青クマなどの原因につながります。こういう生活習慣を変えていくことで目の下にクマやたるみが発症しにくくなるのです。誰でも日常生活でやりがちなことばかりですが、その一つ一つがクマやたるみの原因になっています。

花粉症・アトピーも侮れません。花粉による目のかぶれやかゆみによる目の刺激も茶クマの原因になります。花粉症の時期は、予防のメガネをしたり、アトピーの方は無添加のオイルなどを使用することで乾燥が緩和されてかゆみが抑えられることもあります。

日常生活の習慣もそうですが、体の血液循環が悪くならないように、運動をしたり、湯船につかって体をしっかり温めたりすることも重要。冷え性も慢性化してしまうとむくみもひどくなりやすく、さらに血流が滞る原因につながるので要注意です。

体質や習慣となるとなかなか改善するのは難しいものですが、意識をする事から少しずつ始めていきましょう。クマは改善するのが大変なので、まずは予防をしっかり心掛けることが重要です。

確実に治したい場合はクリニックの治療を受けよう

一時的なクマ、初期症状のクマであればホームケアでの改善も見込めますが、慢性化・重症化してしまったクマの治療は困難。最初は血行不良による軽い青クマだったとして、それが悪化して黒クマになったり、他の種類のクマを併発してしまったりするケースもありえるのです。

そうなってしまうと、プロの力を借りないと改善することはできないかもしれません。特に、目元の皮膚はとてもデリケートなため、間違ったホームケアでかえって症状を悪化させてしまうおそれもあります。

だからこそ、早めにクリニックで相談してみるのも一つの手段。クマ治療に長けた専門医であれば、症状に合った適切な対処方法を提案してくれるはずです。美容外科というと「手術」「怖い」といったネガティブなイメージを持つ方も多いかもしれませんが、最新の治療方法であれば、切らずに治療する施術や、まったく跡の残らない施術、ほとんど痛みのない施術なども可能です。

目の下のクマ・たるみの施術を紹介

  • ヒアルロン酸・脂肪注入
    目の下のくぼみにヒアルロン酸を注入することで目元をふっくらとさせ若々しくする施術です。
  • レーザー治療
    メラニン色素を分解してメラニンの排出をサポートするのと同時にメラニン色素の抑制します。
  • 切開ハムラ法・裏ハムラ法
    目の下のたるみの原因である、脂肪を移動させることで改善します。
  • 脱脂術+リポトランスファー
    高周波レーザーメスを使って目の下の脂肪を取り除いた上で、適度に脂肪を注入することで自然なラインを実現します。

施術の相場について

施術の費用は施術内容によって異なってきますが、注射を注入して一時的症状を改善するようなプチ整形などは、1万円前後からメニューがあります。クマの状態がミックスしていたり、たるみの状態がかなり進行しているような場合は値段も高くなってきます。正規の値段や高くても、モニター価格やキャンペーンなどで安く受けることができる場合もあります。施術料金に関しても相談に乗ってくれますので、自分に合った施術内容で受けることが可能です。

また、クリニックにより値段設定も違います。何カ所かカウンセリングを受けてみると施術の相場もわかってくるでしょう。

施術のダウンタイムについて

施術後の腫れアザなどから回復するまでの期間をダウンタイムと呼びます。目の下のクマ治療の場合、ダウンタイムがほとんどないものから約数週間程度のものまで様々。プチ整形であればダウンタイムがないことも多く、当日から入浴やメイクができます。

ダウンタイムについては施術前のカウンセリングで確認することができるので、しっかりと医師に相談した上で治療メニューを選ぶようにしましょう。

ダウンタイムに合わせて上手にスケジュールを調整すれば、すぐに職場で仕事をしていても、周囲が気づかないほど自然な状態で過ごすことが可能です。そういった手軽さから、近年では平日の仕事帰りなどに受ける若者が増えているそうです。

施術の効果について

目元は施術してからすぐに効果を実感することが多いようです。施術後すぐにクマやたるみが解消され、ダウンタイムもほとんどないことが多いので、受けた人の満足度も高いとか。

また、施術したことを気づかれたくない利用者の気持ちに応えて、クリニックも自然に見える施術方法を積極的に導入しています。いかにも「施術しました」という従来の方法とは違い、自然に見える治療のニーズが高まっているようです。

悩むよりも、まずはカウンセリングを受けてみよう

インターネットなどで情報を収集することも重要ですが、自分の症状や原因、適切な治療方法を正確に判断することは難しいものです。クマと一口に言っても、その症状や原因が複合している場合もあり、専門家でなければ改善が見込めない可能性もあります。誤ったセルフケアによって症状を悪化させてしまうのも避けたいですし、対処の仕方は慎重に決めたいところ。

かと言って、悩んでいるうちに症状が悪化してしまい、手に負えなくなってしまっては元も子もありません。悩んでしまうくらいなら、まずはカウンセリングだけ受けてみるのがおすすめです

カウンセリングだけなら無料で行っているクリニックも多いので、まずは自分の症状と治療方法について詳しく知っておきましょう。

こちらもオススメコンテンツ