美容外科や皮膚科などの病院で治療?それともメイク?
茶クマ取り攻略

茶クマとは色素沈着でできるクマのこと

茶クマとは、茶色っぽく、黄色がかったクマのこと。皮膚が弱い方や高齢者の方に多く見られるタイプのクマです。他のクマと違い、色素の沈着によるものなので、メイクで隠そうと目の下をゴシゴシするほど悪化してしまいます。

サクッと皮膚科や美容外科などの病院でレーザー治療をするのがおすすめですが、なかなか踏み切れない方も多いはず。ここでは茶クマを解消するために、茶クマができる原因から自分でできる解消・対策方法をご紹介。おすすめの病院&レーザー治療も紹介しているので、治療を考えている方は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

茶クマが出来る原因は色素沈着

茶クマができてしまうのは色素沈着が主な原因。なので、睡眠をしっかりとっても、疲れがとれてもクマが消えないことが大きな特徴でしょう。

色素が沈着してしまう原因は?

ではこの色素沈着の原因とはいったい何なのか。これは長年にわたるメイクの影響や、紫外線予防を怠ってきたことでメラニンが蓄積され続けた結果です。肌の調子が良く、ターンオーバーが正常に行われている時にはメラニンは蓄積されずに自然に剥がれ落ちるのですが、生活スタイルが不規則だったり、代謝の活動が悪くなったりすると色素沈着が起きてしまいます。ソバカスや肝斑などと近いでしょう。

茶クマを取るには?ダメ元のセルフ解消法

この色素沈着、はっきり言ってセルフケアですぐに改善するのはかなり難しいです。対策や予防が目的であったり、経度の色素沈着の場合でしたら、下記2つをトライしてみましょう!

目元集中美白ケア

茶クマの改善は、蓄積したメラニンを取り除くことが大切です。美白ケアに力を入れたお肌のメンテナンスをこまめに行うようにしましょう。美白ケアを欠かさず継続していけば、ある程度目の下のクマは徐々にキレイになっていきます。

ではこの色素沈着の原因とはいったい何なのか。これは長年にわたるメイクの影響や、紫外線予防を怠ってきたことでメラニンが蓄積され続けた結果です。肌の調子が良く、ターンオーバーが正常に行われている時にはメラニンは蓄積されずに自然に剥がれ落ちるのですが、生活スタイルが不規則だったり、代謝の活動が悪くなったりすると色素沈着が起きてしまいます。ソバカスや肝斑などと近いでしょう。

ピーリンでターンオーバーを促す!

ではこの色素沈着の原因とはいったい何なのか。これは長年にわたるメイクの影響や、紫外線予防を怠ってきたことでメラニンが蓄積され続けた結果です。肌の調子が良く、ターンオーバーが正常に行われている時にはメラニンは蓄積されずに自然に剥がれ落ちるのですが、生活スタイルが不規則だったり、代謝の活動が悪くなったりすると色素沈着が起きてしまいます。ソバカスや肝斑などと近いでしょう。

美容皮膚科・美容外科の中には目元専用のピーリングを行っているところもあります。個人的には治療するなら効果の大きいレーザーをやってしまった方がおすすめですが、光治療が苦手な方は、まずピーリングを試してみるのも良いでしょう。

コスパを考えたら美容外科・皮膚科などの病院でレーザー治療

ハッキリ言って、美容外科・皮膚科で治療をしてしまうのが一番良いです。それは茶クマを自分で改善するのは難しいから。シミやソバカスも一度できるとなかなか消えないですよね。茶クマも原理は同じこと。消すために高い化粧品を購入しても効果は緩やかなので、すぐに改善するのは難しいですし、ましてやメイクで隠し続けたら、色素沈着はひどくなる一方なのです。

茶クマはレーザー治療のみで解消できる

そもそもの原因が他のクマの症状と異なる茶クマは、治療方針も他とは異なります。たるみやへこみなどを強制しない茶クマは、多くの場合レーザー治療のみで治療が可能。ちょっぴり高価な化粧水を1本買う程度で治療ができるますし、しかも体の負担も少なめ。サクッと皮膚科や病院で治療した方が日々のメイクが楽になりそうです。

注意!そのレーザー日本人の肌用?

さて、茶クマ治療にレーザー治療を進めてきましたが、ここで1点注意して頂きたいことがあります。それは意外と知られていないレーザー治療の事実。実は多くのフォトフェイシャル(レーザーなどの光治療器具)は白人の肌向けに開発されたものなのです。アジア圏の肌と白く透き通る白人の肌では全く特性が違います。よく「レーザー治療で効果がでない!」と言う方を見かけますが、それはそもそも自分の肌に合ったレーザー治療ではないということも多いのです。

日本人の肌用のレーザー「ライムライト」がおすすめ

筆者が個人的にお勧めしたいのはライムライト。これは日本人の肌用につくられたレーザー治療なのです。そのおかげか、治療時の刺激・痛みも従来のものより軽減されているとの口コミも多め。茶クマ以外にも使用されていますが、やはり日本人の肌向けにつくられているからか従来のレーザーに比べると口コミ評判は良いものが多いです。

痛みがやや強めに出るけど効果的、といったレーザー治療は他にもありますが、できれば痛みも少なく、またコストもそれほど高くないものが良いですよね。そういった意味でも、ライムライトはかなりおすすめのレーザー治療と言えるでしょう。

ライムライトを扱っている美容外科・皮膚科はまだ少ないです。その中で、目元のクマやたるみ治療を専門的に行っているセオリークリニックや、シミ治療にも強い銀座肌クリニックなどでは比較的安価に治療が受けられるので興味のある方は一度チェックしてみてください。

レーザー以外の茶クマ治療

レーザー治療以外だと、先ほども紹介したようにピーリング治療、また塗り薬の処方などがあります。茶クマは肌のターンオーバーを促進させ、色素沈着となっている角質を剥がすことで改善できることは何度も説明しましたよね。これに対してアプローチができるトレチノイン(レチノイン酸)という成分を配合した治療薬が処方されることもあります。

この薬は、表皮の細胞を分裂・増殖させて皮膚の再生を早めることができます。またトレチノイン(レチノイン酸)は、ヒアルロン酸やコラーゲンの分泌を促し、古い角質やメラニンが剥がす効果もあるので茶クマ解消に効果的です。

しかし、トレチノイン(レチノイン酸)は効果の強い薬であるため、赤みや皮剥けなどの副作用が心配されていました。現在ではトレチノイン(レチノイン酸)をナノカプセル化することで、肌への炎症を抑えるという方法も開発されています。なので、肌の弱い人は医師にその旨を伝え、最新のもので治療を進めていくようにしましょう。

茶クマの再発防止は?

茶クマの主な原因は色素沈着ですから、メイクを毎日きちんと落とすことが一番の予防策です。アイシャドウやマスカラは落とし切れていないことも多いので、クレンジングの後はしっかりと落ちているか確認しましょう。

ただし、こすりすぎが色素沈着を引き起こすこともありますので、拭き取るタイプのメイク落としを毎日使用することはあまりお勧めできません。コンシーラーの使いすぎやファンデーションを塗る際のこすりすぎにも、十分に注意しましょう。そして、保湿対策・紫外線予防が大変重要になります。

目元はダメージにとっても弱い部分です。メラニンを過剰に作ってしまう乾燥や紫外線は、そんな弱い目元を容赦なく攻撃してきますので、そのダメージにも負けないようなケアが必要です。日焼けや乾燥予防を顔全体と同じようにするのではなく、皮膚の薄い目元こそ、集中したケアを行うようにしましょう。

茶クマをメイクで隠す方法~イエロー系コンシーラーで撃退!~

茶クマは他のクマよりもメイクで誤魔化しやすいです。しかし気を付けなければいけないのが、肌に刺激の強い化粧品を使うことで、茶クマがより悪化してしまう可能性があるということ。また間違ったスキンケアや強くこすらないと落ちないメイクもNG。

治療してしまうのが1番ですが、明日のデートでどうしても茶クマを隠したい!という状況の方もいるでしょう。ここでは、茶クマ対策も踏まえながら、メイクでカバーするテクニックやアイテムの選び方を紹介します。

定番のコンシーラー、茶クマならイエローベースで!

まずゲットしたいのは、クマ消しの必需品「コンシーラー」。中でも、イエロー系のものを選びましょう。茶クマを消すにはイエローベースが隠しやすいです。また、保湿力のあるものを選ぶのもポイント。安価で保湿効果の低いコンシーラーは、茶クマを悪化させる可能性があります。コンシーラーを塗る前後は目元パックやアイクリームで保湿しておくと良いです。

ナチュラルに仕上げるならホワイトパールを上乗せ

チュラルに仕上げたい方は、ホワイトパールのアイシャドウも用意しておくとグッド。ベースメイクとコンシーラーである程度茶クマが隠れたら、仕上げにのせてあげましょう。ホワイトパールは光に当たると反射するので、より上手に誤魔化せます。

厚塗りでもケバく見せないために

コンシーラーやファンでを厚塗りすれば、茶クマどころかシミやホクロもカバーできます。しかし何と言っても「厚塗り感」が否めませんよね…。これ、かなりの確率で男性から評判が悪いです。茶クマを隠したい気持ちは分かりますが、厚塗り感を出してしまっては本末転倒。ですので、カバー力強めはコンシーラーだけにして、ファンデは軽めのものをチョイスしたほうが良いでしょう。また全体的に、いつもよりナチュラルなメイクにするのもミソ。特にアイメイクは必要なとこだけにして、すっきりさせた方が無難ですね。

こちらもオススメコンテンツ