クマはなぜできる?

寝不足の時や、仕事や遊びで疲れがたまった時、ふと鏡を見ると目の下にクマができていることはないでしょうか?目の下にクマができてしまうと、相手に疲れた印象を与え、何歳も老けて見えてしまうものです。
クマの原因は様々ですが、一般的には睡眠不足や疲労がたまるとできやすいと言われています。どのような原因でできるのでしょうか。その原因について考えていきましょう。

メイクを完全に落とせていない
メイクは、女性を美しくすることができますが、その一方で肌に負担をかけてしまうもの。メイクをすることで、皮膚にはダメージが蓄積されていくので注意が必要です。
特に、夜遅くに帰宅して急いでメイクを落とした場合。急いで落とすと、メイクが落ちていない可能性があります。もし落ち切っていなかった場合、長時間皮膚がメイクによってガードされてしまうため、不要な角質を輩出することができず、肌に残ってしまう状態が生じてしまいます。
1日程度であれば問題ありませんが、これが積み重なっていくと、その分皮膚に負担をかけるため、結果としてくすみやごわつきができてしまい、色素沈着によるクマの出現やたるみ肌につながります。
血行不良である
血行不良は、皮膚全体に良くない影響を与えます。血の巡りが悪いと新陳代謝が悪く、美しい皮膚を保つことはまず難しいと考えましょう。血行不良になると、目の周りの血流が悪くなります。血流が悪くなると毛細血管が青くなり、その毛細血管が皮膚越しに見ると青く見えてしまうというのが、クマにも影響を与えてしまう原因です。
冷え性の人は、特に血の巡りが悪くなっているため、青クマが発生しやすくなります。ちなみに、青クマはこれ以外の原因でも発生してしまうものです。血行が悪いとクマだけでなく、体全体に影響を与えてしまうものなので、気になる人は、血行不良対策をおこないましょう。
目の使いすぎ
パソコンやスマホ、ゲームなどなど、現代社会では画面を見る機会が以前に比べて多くなりました。そのため、目を使いすぎて眼精疲労になっている人も多くいます。
この眼精疲労は、結果として血行不良を招きます。血行不良は、青くまを引き起こす厄介なものなので、目を使いすぎないようにしましょう。
1日中画面を見続けている人は、特にケアをしっかりしてください。
目をこする
目をこする癖のある人は、注意が必要です。目がかゆいと擦ってしまいますが、これは目を刺激していることになり、目と目の周囲が色素沈着していきます。
色素沈着をすると、茶クマを引き起こす原因に結果としてつながるので、花粉症等で目をこすってしまうような人は、特に気をつけましょう。
日焼け対策を怠る
日焼けは、肌にメラニンや色素沈着を発生させます。日焼けは、シミにもつながるものなので、対策が必要です。
目元も紫外線を受けすぎるとクマに影響するので、必ず紫外線対策をしっかりしましょう。特に、日差しが強い日には、しっかりと日焼け対策を行うことで、ある程度守ることができるので気をつけましょう。
ストレス
ストレスも、血行不良を引き起こす原因の1つなので、注意が必要です。ストレスをためすぎていると、体の血の循環が鈍くなり、結果として血行不良を引き起こします。
ストレスがたまってきたと感じたら、リフレッシュをすることが大切。ストレスを溜めすぎれば、自然とクマを作る原因を自ら作っていることになっているので、気をつけましょう。
その他
今まで紹介した対策以外にも、クマを作ってしまうものはあります。貧血、うつ病、花粉症、肝機能、腎機能低下等の体に病気を持っている人は、クマができやすい体です。そのため、これらの原因が解消されれば、クマもある程度改善されることもあります。
また、生まれつきの体質でクマが目立ちやすい人もいます。このような人は、クマが目立ちやすい体質であることを理解しておく必要があります。
体調不良などによる血行不良、ドライアイ、眼精疲労なども、クマを引き起こしてしまう原因となります。

黒・赤・茶・青クマができる原因は?

黒クマや赤クマ、青クマなどクマには様々な種類があります。どんな時にどんなクマがあらわれるのか調査しました。

黒クマ
黒クマは目の下にふくらみがない時とある時で原因が分かれます。ふくらみがない時は、加齢に伴い目の周りの脂肪が縮んだり、皮膚のたるみにより皮膚のへこみが目立って黒ずんだりしてしまうのが原因です。
ふくらみがある時は、年齢を重ねて眼窩脂肪を支える筋肉にゆるみが生じ、眼窩脂肪が突出することでへこみができて、黒クマになります。
赤クマ
目の周りにある眼輪筋の筋肉組織の透過や、眼窩脂肪が突出して皮膚の下に赤く透けて見えることが赤クマの原因です。
目の下に小さな血栓症が発生して赤クマになることも。テレビやパソコン画面を長時間眺めて目を酷使すると、目の下にプクッとした膨らみができるのが、赤クマ発生のサインです。
茶クマ
表皮部分の茶クマは色素沈着が原因となってあらわれる症状。目のこすりすぎや紫外線から受けるダメージによって色素沈着が起こりやすくなります。中には乾燥によるかゆみや化粧品かぶれ、アトピー性皮膚炎が原因の茶クマも。
真皮レベルでメラニンが皮膚の奥に沈着してできた茶クマは遅発性両側性太田母斑と呼ばれます。アザに分類され、20代以降にあらわれる場合がほとんど。
ホルモンバランスの乱れや加齢が原因とされているので、あまりにひどいようなら1度医師のもとを訪れたほうがいいでしょう。
青クマ
目の周囲にはたくさんの毛細血管があり、その場所の血液の流れが悪くなって青クマになるのです。目の周りの皮膚は薄く毛細血管が透けて青っぽく見えるので、青クマと呼ばれています。
冷えやホルモンバランスの乱れ、睡眠不足など原因は様々。パソコンの画面を長時間見続けることで血の流れが滞ることも原因の1つです。

たるみによる黒クマに要注意

黒クマはたるみが原因で現れるので、ホームケアで改善していくのはかなり難しいと言えるでしょう。目元のタルミには眼筋トレーニングが有効ですが、即効性はなく、効果も個人差が大きいのです。
黒クマ状態になるとホームケアで対処しきれずに、美容クリニックで施術をする人が増えてきます。
美容クリニックでは、目の下にある余分な脂肪を切除、目の下のタルミと皮膚の境目をなくすためにヒアルロン酸や、処理した自分の脂肪を注入しますが、外的に施術するので即効性があり、一度、施術すればその後何度も通院しなくても良いので、忙しい人でも負担が少ないと言えるでしょう。

黒クマを改善できる施術の相場
・エステ
2,000円から2万円程度。
目元に特化した施術は、比較的値段も高く設定されていることがほとんどです。サロンによっては、1回ごとに支払うよりもまとめて支払うほうが安い設定になっています。会員登録があるサロンは、会員登録することで1回あたりの料金が安くなります。
・美容クリニック
クリニックにより独自の施術もあり、料金にはかなりばらつきがあります。キャンペーンやモニター価格などでも施術料金は違ってくるので、事前確認が必要です。
  • 下瞼脱脂法 20万~30万円程度
  • 経結膜脱脂法  20万~30万円程度
  • 脱脂術+リポトランスファー 30万円台程度
  • プレミアムオートファイバー法  20万~30万円程度
  • プレミアムPRP皮膚再生療法  20万~30万円程度
  • SBC・リッチ・フェイス法 10万円程度
  • ヒアルロン酸注入  1万円~10万円程度
ダウンタイム
メスを使わない施術の場合は、施術時間も10分~1時間程度と短くダウンタイムもほぼないことが多いです。ダウンタイムがある場合でも1週間と短く、周囲が見ても気がつかないレベルで収まることがほとんど。切らない施術は効果の持続性は長くても3年程度と一時的であることが多いため、定期的に施術を受ける必要がでてきます。
脂肪除去する場合もまぶたの裏側から行うため、傷跡は数ミリ程度。顔に傷が残る心配もなく、腫れや内出血もほとんどないので、当日からメイクや入浴も可能。施術中の痛みは、麻酔をするので我慢できないということはありません。麻酔に注射針が髪の毛レベルの細い物を使用する、施術時間を短くするなど、身体の負担を最小限に抑える工夫がされています。仕上がりも自然なので、周囲に気づかれる心配もまずありません。
まずはカウンセリングを受けてみよう
自分の自己判断でクマを改善していくのは難しく、また目の周囲の皮膚はとても薄くてデリケートです。間違ったお手入れをしてしまうと、さらに症状を悪化させてしまうことも。
そこで頼りたいのが、クマ治療が受けられる医療機関の美容クリニック。美容クリニックでは目のクマに関する施術も日々新しい技術や機器が導入されており、その人の症状に合った施術がピンポイントで受けられるようになってきています。

クマを悪化させるNG行動

クマは様々な原因でできてしまいます。では具体的に、どのような行動がクマを悪化させてしまうのか、以下に見ていきましょう。

不規則な生活、睡眠不足
昔から言われているように、睡眠不足は目の下のクマの原因になります。徹夜した次の日や短時間しか睡眠をとらない日が続くと、決まってクマがあらわれませんか。
また昼夜逆転生活など、不規則な生活を送ってもクマはできます。 毎日、最低でも6時間は眠るようにしましょう。
スマホやPCの見すぎ
スマホやPCの画面からは、「ブルーライト」と呼ばれる、眼精疲労の原因となる光が発せられています。この光を長時間見ていれば当然目は疲れるので、血行不良を起こし、クマができやすくなります。
仕事上、PCを長時間見ていなければいけない方は、ブルーライトを大幅にカットする眼鏡をかけたり、休憩中に目のマッサージをしたりするようにして、少しでも目への負担を減らしましょう。
偏った食事
クマが出る原因には、鉄分不足もあります。貧血気味の方は、目の下に青クマができやすいです。また、バランスの悪い食生活をしていると血液はドロドロになってしまうので、これもまた血行不良を起こし、クマをつくってしまいます。
クマが気になりはじめたら、血行促進効果のあるビタミンEやビタミンCを意識的に摂るようにしましょう。
ストレスを溜めこむ
身体的な理由以外でもクマはできます。ストレスは、溜めこみすぎると血行不良を促してしまうのです。体調だけでなく、自分の精神面を管理するのも大切なこと。
ついつい頑張りすぎてしまう方は、たまには自分を甘やかしてあげましょう。

目の下のクマ予防策

基本的な対処法は、徹夜や不規則な生活は改善し、しっかりと睡眠をとることです。それに加え、血行を良くすることがクマ予防になります。
また、食生活を見直し、しっかりと栄養を摂るようにしましょう。セサミンやDHAなど、血行促進のためのサプリメントも効果的です。メラニンが滞っていることがクマの原因になっている場合は、ターンオーバーを促すために規則正しい生活を送ることと、お肌のお手入れが重要になります。
メラニンを増加させないよう、紫外線予防を欠かさず行うようにし、保湿はしっかり、そして美容成分もたっぷりとお肌に与えましょう。

クマができてしまったら

血行不良やメラニンが原因のクマでしたら、簡単にメイクで隠すことができます。ただし、メラニンが原因の場合、コンシーラーやファンデーションをあまり重ねすぎてしまうと更なる色素沈着を招くことになりかねません。帰宅したらすぐにメイクを落とし、休日はなるべくメイクをしないように心がけましょう。

各クマの対策方法

青クマの対策
最も効果的なのは、青クマを発生させている要因を解消させることです。血行不良が原因で青クマが発生しているのであれば、血行不良を改善させましょう。
寝る前に、目元をマッサージするだけでも効果があります。この時、優しくマッサージをすることが大切です。
また、しょうが、根菜類をはじめとした血の巡りがよくなる体を温めるものを食べるのも良いでしょう。
青クマの対策
眼精疲労の場合、日々目をかなり酷使しているため、目を休ませてあげることで、血行不良を改善できます。画面を見すぎたと感じたら、寝る前にケアをしっかりしてあげましょう。
おすすめは、寝る前に温めたタオルを目元に乗せてあげる方法です。この方法を行うことで、目元の血の巡りがよくなり回復力が高まります。
また、疲れた時にこれを行えば単純に気持ちよく、リラックスにもなるのでおすすめ。
茶クマの対策
茶クマの対策は、日焼け対策をしっかりすることで対策が可能です。特に、紫外線の強い5月は気温が高くなくても紫外線対策をしっかりすることで、対策が可能なので、こまめに日焼け止めクリームを塗って対応しましょう。
また、ビタミンCを摂取することで、メラニン色素を抑えることができます。バランスの良い食生活に気をつけることも大切です。
黒クマの対策
黒クマは、簡単に消すことが厳しいクマ。その原因は、たるみです。たるみは、加齢で引き起こされることも多いため、エイジングケアをしっかりしましょう。目元にハリを取り戻すことができれば、黒クマが目立たなくなります。
黒クマは、今までの過ごし方が直接影響するクマなので、出来る前に予防をすることしかできません。

ほとんどのクマが、生活リズムを改善させることである程度解消することが可能になります。それでも、クマの状態が深刻で、どうしようもなく悩むような状態であれば、脱脂術などの根本治療を行い、原因を根こそぎ解決してしまった方が早いかもしれません。
クリニックでカウンセリングを受け、どういった治療法が適しているのかを医師に相談してみましょう。

こちらもオススメコンテンツ

その他の美容外科の口コミ・評判集

品川美容外科

長い歴史を持つ最大手美容外科
品川美容外科23年以上の歴史を誇る美容外科界の最大手・品川美容外科。お財布に優しい低価格が魅力で、口コミ評判数も多く、検討しやすいクリニックです。

詳しく見る

湘南美容外科

手軽さと親しみやすさが魅力
湘南美容外科著名人やモデルさんを広告塔にすることで、美容整形をより身近な印象に変化させた大手美容外科。モニター募集も積極的に行っています。

詳しく見る

セオリークリニック

クマ・たるみ治療ならココ!
セオリークリニック『より高い効果』『より安全な治療』をモットーにしたクリニックで、特に目の下のたるみ・クマ治療の実績が豊富。真摯な対応も高い評判の秘訣。

詳しく見る

高須クリニック

30年以上の伝統を誇る老舗美容外科
高須クリニック30年以上の歴史を持ち、テレビや雑誌などへの露出も多い老舗美容外科。日本人の美容整形に対する意識を高めたと言っても過言ではないクリニック。

詳しく見る

オザキクリニック

切らない施術でエイジングケア
オザキクリニック切らない施術を提唱することで知られている、エイジングケアの専門医。サーマクールは国内トップクラスの症例数を誇ります。

詳しく見る

タカミクリニック

手軽に美容整形できちゃう
タカミクリニック皮膚科医としても有名なタカミクリニック。アンチエイジングセンターも設けています。ヒアルロン酸注入によるクマ治療が好評。

詳しく見る

銀座みゆき通り美容外科

クマ治療症例数が多い美容外科
銀座みゆき通り美容外科美容外科、形成美容外科の認定専門医が施術を担当する銀座みゆき通り美容外科。クマ治療の症例数が多く、鼻整形でも評判が高い美容外科です。

詳しく見る

銀座CUVO

米国で学んだ最先端技術と知識
銀座CUVO銀座CUVO は2005年に開院。院長はアメリカ留学で美容外科の最先端の技術・知識に触れ、国内でも美容外科に関連した本を多数出版しています。

詳しく見る

東京イセアクリニック

エイジングケアならお任せ!
東京イセアクリニック口コミ人気が高い東京イセアクリニックは、エイジングケア治療全般が得意。カウンセリングに重きを置き、理想の仕上がりになると評判。

詳しく見る

二子玉川美容外科クリニック

知る人ぞ知るクリニック
玉川田島クリニック二子玉川美容外科クリニック(玉川田島クリニックから改名)は、アットホームさが人気。院長の人柄と確かな技術が好評を得ています。

詳しく見る

SOグレイスクリニック

元脳外科医による繊細な施術
SOグレイスクリニック元脳外科専門医が行う切らないたるみ治療で、高い信頼を得ているクリニックです。皮膚の再生能力を引き出す治療を根底にした手術が評判。

詳しく見る

北村クリニック
(東京目の下クマ・たるみ治療センター)

目の下のクマやたるみ専門の美容外科
北村クリニック(東京目の下クマ・たるみ治療センター)ナチュラルな仕上がりと腫れの少ないトリプル・ミックス法という独自の方法を扱う、目の下のクマとたるみ専門の美容外科です。

詳しく見る

リッツ美容外科

美容外科歴25年のベテラン医師が所属
リッツ美容外科美容外科と形成外科の経験が25年というベテラン医師が務める美容外科。自分らしい美しさを追求した患者中心の医療をコンセプトとしています。

詳しく見る

聖心美容外科

美容外科治療を幅広く行う総合クリニック
聖心美容外科高品質な美容医療の提供をモットーに、さまざまな治療法を揃えており、患者さんの希望や状況にあったものを提案しています。

詳しく見る

ガーデンクリニック

追加料金なしの治療を約束する
ガーデンクリニック自由診療の美容外科治療だからこそ、患者さんに安心してもらえるよう、追加料金を一切取らないスタイルを貫いています。

詳しく見る

あびこ駅前クリニック

目の下の悩み治療へ真摯に対応
あびこ駅前クリニック全身の中でも特に目の下のたるみやクマの治療を中心に行っているクリニック。脱脂術や脂肪移動術、ハムラ法、脂肪注入などを扱っています。

詳しく見る

銀座長澤クリニック

7万症例という膨大な施術実績
銀座長澤クリニック30年で7万症例という膨大な数の実績を残してきた、ベテラン医師のクリニック。他院で納得できなかった人が来院するほどの技術力です。

詳しく見る

ノブビューティークリニック

最先端治療を学んだ医師が担当
ノブビューティークリニック「痛みを和らげる」「アフターフォロー」「最先端治療を学んだ医師が担当」という、3つのポリシーに基づいた診療を行っています。

詳しく見る

シロノクリニック

日本有数のレーザー専門クリニック
シロノクリニックレーザーによる美容治療の専門クリニックとして、メディアでも多数取り上げられています。サーマクールによる目の下の治療が得意。

詳しく見る

横浜美容クリニック

施術からアフターケアまで全て院長が行う
横浜美容クリニックカウンセリングから手術、アフターケアまで、すべて院長自らが行う、その姿勢が評判を呼んでいます。レーザーによる脱脂法が得意です。

詳しく見る

恵比寿美容クリニック

リピート率96.8%を誇る
恵比寿美容クリニック美容外科医には経験や技術だけではなくセンスが必要との院長の信念のもと、世界中から常に最先端の美容技術を導入するクリニック。

詳しく見る

広尾プライム皮膚科

治療の痛みにも最大限配慮する
広尾プライム皮膚科「自分が患者だったらどんなクリニックに通いたいか」を常に考え、痛みにも最大限に配慮して日々の治療にあたっているクリニック。

詳しく見る

美容皮膚科エルクリニック

症例数が多く口コミ人気が高い
美容皮膚科エルクリニック過去のクマ治療の症例数は、実に4,800件以上。患者それぞれのクマのタイプに応じた最適な治療法を提供しています。

詳しく見る

大塚美容形成外科

老舗美容クリニックならではの実力
大塚美容形成外科レーザーはもちろん、目の下のクマやたるみの基本的な治療となる「ヒアルロン酸注入」に強みを持つ老舗クリニック。

詳しく見る

池本形成外科

評判の総合美容クリニック
池本形成外科受診科による垣根を設けず総合的な観点から、それぞれの原因に応じたクマ・たるみ治療を行う。

詳しく見る

ノエル銀座クリニック

日本美容外科学会指導医による安心の施術
ノエル銀座クリニックさまざまな治療法を網羅的に取り扱い、症例数や口コミ数に裏付けられた施術がクマ・たるみの悩みを解消させます。

詳しく見る

アサミ美容外科

医療事故ゼロの実力派クリニック
アサミ美容外科1991年から医療事故ゼロの実績!無料カウンセリング・アフターケアが評判です。ダウンタイムのない目のたるみ・クマ治療を行っています。

詳しく見る

城本クリニック

レーザー治療が得意な大手美容外科
城本クリニック目の下のクマを取り除くレーザー治療が得意な美容外科専門医が揃っているクリニック。カウンセリングからアフターケアまで手厚いサポートをしてくれます。

詳しく見る

ルーチェ東京美容クリニック

自然で美しい仕上がりを大切に
ルーチェ東京美容クリニック「わざとらしくない自然な美しさ」を理想に、患者さんを家族・友人と思って、安全で質の高い診療を提供してくれるクリニック。

詳しく見る

コスメディカルクリニック シンシア

低価格&院長のカウンセリングに定評
コスメディカルクリニック シンシア患者さんのために院長の事前カウンセリングと低価格を実現した、良心的なコスメディカルクリニック シンシアをご紹介します。

詳しく見る

渋谷高野美容医院

信頼感と透明性を感じるクリニック
渋谷高野美容医院外科医として技術指導をしていた信頼できる院長のテクニックと優しい人柄。シンプルな治療メニューが特徴のクリニックです。

詳しく見る

もとび美容外科クリニック

傷み・腫れに配慮した施術が受けられる
もとび美容外科クリニック痛みや腫れ・内出血などを抑えストレスの少ない施術を行うことに重きを置いており、ダウンタイムが短いと好評のクリニックです。

詳しく見る

さやか美容クリニック・町田

親身な対応が信頼できると高評価!
さやか美容クリニック・町田しわ・たるみの治療経験が豊富なドクターが在籍するクリニック。最先端の若返り治療が人気です。カウンセリングが丁寧と好評。

詳しく見る

KM新宿クリニック

美容皮膚科の専門医がいるクリニック
KM新宿クリニックお肌の悩みだけでなくメディカルダイエットや薄毛治療など、幅広い悩みに対応しているKM新宿クリニック。メスを使わない治療も受けられます。

詳しく見る

RDクリニック

肌の再生医療専門のクリニック
RDクリニック患者さん自身の細胞を移植する「肌の再生医療」でクマを改善します。目の下のクマやほうれい線の改善だけではなく、長期的に老化を予防する効果もあると評判。

詳しく見る

大西皮フ科形成外科医院

「お肌のホームドクター」目指す関西の医院
大西皮フ科形成外科医院患者さんの症状に合わせたクマたるみ治療の提案を行っています。土曜日も診療を行っているので、平日仕事が忙しくて時間が取れない人も通いやすいクリニック。

詳しく見る

イーストワン皮膚科・形成外科

患者さんのことを第一に考えた治療を
イーストワン皮膚科・形成外科カウンセリングを重視。長いお付き合いができるように「クリニックへの通いやすさ」「適正な施術料金」「悩みの相談のしやすさ」の3つをとくに大切にしているクリニック。

詳しく見る

エースクリニック

若返り治療が得意なクリニック
エースクリニック目元のエイジングケアをはじめ、脂肪吸引やわきが・多汗症治療など多岐にわたる施術を手掛けるクリニック。院長の竹内医師は、大手美容形成外科で経験を積み、10万件以上の実績を持つ実力派。

詳しく見る