目の下クマ・たるみ解消パーフェクトガイドHOME  >  目の下のクマ解消に関するギモン  >  結婚式まで一か月!後悔しないクマ対策

一か月後に結婚式!
後悔しない目の下のクマ対策法

女性にとって結婚式は人生の中でも一大イベント。そんな晴れ舞台を最高の状態で迎えたい。人生の中で一番美しい自分で挙式を挙げたいと思うけど、目の下のクマが忙しさもありひどくて気になっている。なんとか挙式までに改善したいと思うものの、日々の忙しさに追われてそのままにしている。そんな方のために、即効性のある方法をお知らせしていきたいと思います。美しい花嫁として挙式を迎えるためにも、目の下のクマは解消しておきましょう。

目の下のクマに効果のあるマッサージ方法

くれぐれも目の周囲は皮膚が薄く刺激に敏感な場所です。あまり強く押さないようにしましょう。また、色素沈着が原因でできている茶クマの方は、刺激でメラニンを増殖してしまう可能性があるのでマッサージはNGです。

目の下のクマにはツボ押し

マッサージクリームやアイクリーム、オイルなどを使用して滑りを良くしてから行います。

  • 1.太陽(たいよう)
    目尻から少し外側にくぼみのある箇所のツボです。
    5秒間の指圧を3セット行います。
  • 2.四白(しはく)
    瞳から真下に下ろした位置。目の下の骨から1cm下の箇所です。小さく円を描きながら5回程度押します。
  • 3.清明(せいめい)
    鼻根と目頭の中間のツボです。5秒間の指圧を3セット行います。

目の周囲をマッサージ

  • 1.目頭から目尻に向かい目の下をマッサージして、こめかみまで老廃物を流していきます。
  • 2.薬指を使い目尻から目の周囲を目の骨のくぼみのラインに沿って軽く押しながら動かして1周します。
  • 3.目尻から目の下を通り目頭、鼻筋を通り、目頭から目尻の方向に老廃物を流していきます。

リンパマッサージ

  • 1.耳の後ろのリンパを優しく押します
  • 2.両方の耳たぶを外側に引っ張り5秒間そのままで、同様に耳の真ん中、耳の上側も行います。
  • 3.耳たぶをよくマッサージしていきます。
  • 4.両手の指先で頭を首の付け根から頭頂部に向かって押しながらマッサージしていきます。
  • 5.額の生え際からも同じように頭頂部に向かって頭皮を持ち上げるようにマッサージしていいます。
  • 6.左側の耳の後ろから鎖骨に向かい右手でリンパを流していきます。右側も左手で同様に行います。
  • 7.脇の下にあるリンパを優しく押し老廃物を流していきます。

目の周囲の血行改善マッサージ(5回程度繰り返す)

マッサージクリームやアイクリーム、オイルなどを使用して滑りを良くしてから行います。

  • 1.両手を額にあてます。人差し指、中指、薬指で額からこめかみに向かって心地よい強さでマッサージしていきます。
  • 2.両手中指の腹の部分を使い目頭から目の下のラインを通り目頭に戻ります。
  • 3.両手中指の腹の部分を使い目頭から目の上のくぼみを通り目頭に戻ります。
  • 4.中指、薬指の腹の部分を目頭にあて目尻、こめかみへと心地よい強さでマッサージしていきます。

目元のたるみを解消するマッサージ

このマッサージは個人差がありますが即効性があるので、デートの前などにもおすすめします。
人差し指を折り曲げて第二関節の部分を使ってマッサージしていきます。

  • 1.目頭から目尻に向かって5回程度、目の下を老廃物を流すように動かします。
  • 2.目尻から目頭に向かって目の下を3回程度流すように動かします。
  • 3.鼻根から目頭に向かって5回ほど流す

目の下のクマは血行を良くしただけでは改善されないものもある

ホームケアでは主にマッサージで刺激することで血行を良くし、目の下のクマを改善していきます。この場合、目の周囲の血行が悪くなっている状態を改善していくことで目の下のクマが良くなるのですが、目の下のクマの中には血行不良が原因でできるものばかりではありません。また、血行不良が原因でできたクマでも慢性化してしまっていると、目の周囲の血液循環を良くする方法では時間がかかってしまいます。短期間で改善するのは難しいと言えるでしょう。こういう場合は、美容外科クリニックで即効性のある施術方法を受けることをおすすめします。時間が限られている場合は、状態を改善するのに時間がかかる方法は向いていないと言えるでしょう。

血行不良が原因ではない黒クマと茶クマは要注意

目の下のクマには大きく分類しますと赤クマ、青クマ、茶クマ、黒クマ4種類ありますが。赤クマと青クマの主な原因は血行不良ですので、時間かかるかもしれませんが、マッサージで改善することはできます。加齢やたるみによる黒クマと茶クマは、マッサージで改善することが難しいです。

赤クマ

目の下のクマが赤く見えるのは眼輪筋が圧迫されることで筋肉の色が透けて見えている状態です。目の周囲の静脈と動脈がうっ血して起こります。要するに血行不良が原因です。また、目の下に血栓症が起きることでもできます。

青クマ

眼精疲労や寝不足、冷え性、女性はホルモンバランスの乱れ、ストレスなどで静脈がうっ血することで起こります。血行不良が原因ですが、リンパの流れも滞り老廃物が滞留することも原因でとされています。青クマができているときは顔や手足にむくみを感じることがあります。

茶クマ

加齢により目立ちやすくなるクマですが、紫外線のダメージや目元を強く刺激することで、メラニン色素が定着することで起こりますが、アイメイクによるかぶれ、花粉症・アトピーによる乾燥やかゆみなども原因の一つです。茶クマでも肌の真皮層レベルのアザの場合は、20歳前後で目の下にも目立ってきますが、この状態になるとスキンケアでは改善できないので、専門家に相談する必要があります。

黒クマ

加齢により目の下の皮膚がたるんでしまうことで、その部分が影のようになり黒く見えることで黒クマと言っています。むくみが慢性化することで目の下の皮膚が垂れ下がり、できることもあります。
眼窩脂肪のが突き出て目の下のふくらみに影ができるタイプと、目の下のくぼみがによる影でできるタイプがあります。

上述したように目の下にたるみができる要因はそれぞれ違います。その症状に合わせたお手入れ方法が必要になります。一過性の症状であれば、ホームケアで改善することも可能ですが、症状が慢性化、定着している場合はホームケアで改善することは難しくなってきます。クマの初期症状である青クマや赤クマも、そのままケアをせずに放置しておくと慢性化してしまい、茶クマや黒クマに移行していくことがあります。自分の目の下のクマの状態がどのレベルなのかにより、改善していく方法も変わってきます。もともとクマがあることを知りつつ、それを見て見ない振りをしていたのであれば、症状も慢性化していることが多いでしょう。そういう意味では、ホームケアでの改善は無理と言えるかもしれません。

即効性のある方法を期待するなら
美容外科クリニックでの治療がおすすめ

結婚式まで時間が限られており、どうしてもそれまでに目の下のクマを改善しておきたいなら、美容外科クリニックでの治療がおすすめです。目の下のクマをホームケアで良くしていくには時間もかかり、短期間でどれだけの効果があるか分からない部分もあります。お手入れしても即効性が期待できないのでは、結婚式の当日をいい状態で迎えることができるか不安になるでしょう。目元の皮膚はとても薄いので、間違ったホームケアをすると今よりも状態が悪くなってしまうこともあります。確実にいい状態で結婚式を迎えたのであれば、美容外科クリニックでプロの手を借りる方法がおすすめです。美容外科クリニックの施術ですと豊富な実績やデータにより、その人に合った施術方法で症状を改善するので、目の下のクマを根本から改善することにもつながります。治療をすることで、今まで気になっていた目の下のクマから解放されたら、安心して結婚式にも臨めます。

ブライダルにおすすめ!即効性のある施術

SBC・リッチ・フェイス法
施術時間は20分程度です。効果は永久的にあり、自分の細胞を患部に注入するので副作用もありません。 翌日からメイクができますが、数日から1週間程度はれがある場合もあります。

目の下の脂肪除去
施術時間は1時間程度。目の下の脂肪を切らずに注射で処理します。術後のダウンタイムはありません

脱脂術+リポトランスファー
施術時間は約30分程度。高周波レーザーメスで眼窩脂肪の除去をします。ダウンタイムは2,3日程度です。

ヒアルロン酸注入
効果の持続期間は1年前後です。ダウンタイムもほぼなく、患部にヒアルロン酸を注入するだけなので、痛みやはれも少ないのが特徴です。

挙式に合わせる日程を組む

結婚式に合わせて施術のスケジュールを組むことになりますが、美容外科クリニックの施術は即効性があるもの、少し効果を実感するまで時間を要するものがあります。施術後の腫れや内出血なども考慮しなくてはならないでしょう。
美容外科クリニックの施術は短時間で少ない回数でも効果が実感できる点がメリットですが、ブライダルエステとは違いダウンタイムがあることから挙式の数週間前には施術を終了させておくのがベストでしょう。
挙式までに日数的に余裕があれば、施術後のダウンタイムが少し長引いても対処できます。ダウンタイムは個人差があるので、完全になくなるまでの期間には余裕を見ることが大切。
念のため挙式を控えていることをクリニックでちゃんと話しておくと安心です。

施術のリスク

大切な点は、挙式の直近で施術を受けないことです。
万が一、目元のはれが引かなかった場合、はれはメイクで隠すことはできません。美容外科クリニックもいろんなところがあります。ちまたでも目にすることがあるかもしれませんが、「失敗された」「思っていた仕上がりと違っていた」などそういうケースもあります。 その要因に「カウンセリングで医師にちゃんと希望を伝えきれていなかった」という内容もあります。やはり施術のリスクを減らすためには、カウンセリングでしっかりと医師になりたい自分を伝えることが大切です。また、施術によっては、状態が改善されるのを実感するまで数カ月かかるものもあります。受ける施術の効果はすぐに出るのか、ちゃんと確認することもとても重要なポインと言えるでしょう。

【後悔しないクマ対策】カウンセリングを受けてみよう

美容外科クリニックの医師は美容に関してはプロフェッショナルです。何人もの患者さんを診察しており、豊富な実績から、その人に合った施術方法を的確にアドバイスしてくれます。費用や施術内容や痛みの有無、施術後のダウンタイムなどもカウンセリングの段階で説明があるので安心です。初回のカウセリングは通常は無料なので、気軽に受けることができるのではないでしょうか。クリニックにより設備や施術技術が異なることもあります。美容外科を利用したことがないと、なにかと不安要素が多くなるかもしれませんが、数カ所でカウンセリング受ければ、自分がどういう状態でどんな対策方法があり、どういう施術方法が効果的なのか分かってくるでしょう。美容外科の施術も肌に負担が少なく、痛みやダウンタイムもないメニューが増えてきています。ある一定期間だけ効果のあるプチ整形などもあり、こちらは後で修正も可能な施術です。メスを肌に入れたくないけれど、目の下のクマを解消したい、そういう希望にも対応してくれるのが美容外科クリニックです。

こちらもオススメコンテンツ