目の下のクマ解消
     関するギモン

クマはなぜできる?
クマに関する疑問をココで解決!

顔の印象を決める目の下にクマがあるだけで、不健康そうな印象に…。そんなクマが出来る原因は、寝不足だけではないって知ってました?さらに、出来るクマの種類によって、対策も変わってくるんです。クマに関する疑問をこちらでまとめてみました。

ギモン一覧

クマが出来る原因は?

忙しい日が続き、寝不足が続くと出来てしまう、目の下のクマ。十分な睡眠をとれば無くなるクマもありますが、睡眠だけでは解決できないクマもあります。目の下のクマは、目の下のたるみの原因に比べると、様々な要因が重なり合いできることが多いといわれています。クマの原因として考えられるものをピックアップしました。

クマが出来る原因は?について読む>>

青クマを消すには

パソコンを駆使して目が疲れている時や、寝不足が続いた日に、目の下にグレーっぽく現れるクマのタイプを、「青クマ」といいます。血行不良が引き起こすタイプのクマで、肩こりや冷え性である方にできることが多いようです。どのような方法を用いればクマが消えるのでしょうか。青クマ解消法をご紹介します。

青クマを消すには について読む>>

茶クマを消すには

茶色っぽく、黄色がかったクマのことを「茶クマ」と呼びます。皮膚が弱い方や、高齢者の方に多く見られるクマのタイプで、長年のお化粧の影響や、摩擦によって生じる色素沈着が原因です。茶クマのやっかいな点は、血行不良や疲れ目を解消しても消えてくれないところなのですが、どのようにしたら解消できるのでしょうか?

茶クマを消すには について読む>>

赤クマを消すには

目の下が赤く、腫れているように見えるタイプのクマを「赤クマ」と呼びます。赤クマは他のタイプのクマに比べると比較的軽度で、最もクマ解消をしやすいタイプだといえるでしょう。ただし、赤クマをそのまま放置してしまうと目の下のたるみや更なるトラブルの原因となりますので、早め早めに解消していきましょう。

赤クマを消すには について読む>>

黒クマを消すには

目の下にできる黒クマ。その原因は長時間のパソコン・スマートフォンの操作などでまばたきが減ったり、粘着性の強い化粧品を使ったりすることで引き起こされる下まぶたのたるみです。黒クマを消すには、原因となる下まぶたのたるみ解消が不可欠。ここでは、黒クマの消し方や再発防止のための方法、黒クマを目立たなくするメイク術を紹介しています。まぶたのたるみは地道なトレーニングや保湿ケアを行うのが一番。放置するとたるみが悪化することも考えられるので、早めに対策しましょう。

黒クマを消すにはについて読む>>

クマって病気なの?

どんなに睡眠をとっても、どんなに疲れを癒しても、どうしてもクマが消えないことはありませんか?消えないだけでなく、クマがドス黒くなってきたり、体重減少を伴ったりと、クマの出現を皮切りに体に変化をもたらすことがあります。そんな時には、注意が必要!たかがクマだと軽視していると、大変な事態を招きかねません。

クマって病気なの?について読む>>

クマを治すあらゆる方法

顔を一気に老けさせてしまう目の下のクマ。一刻も早く、老け顔の原因になっているクマを解消したいですよね。クマ解消のための方法には、美容外科での治療、エステサロンでの施術、セルフケアがあります。それぞれの具体的なクマ解消法と、メリット・デメリットをご紹介します。より効果的な解消法に挑戦してみましょう。

クマを治すあらゆる方法について読む>>

目の下のクマに悩む男性

最近はクマができて悩む男性も多くなっています。中にはひどいクマのせいで「疲れている」と心配される方もおり、クリニックや病院に通って改善している様子。営業や接客などの仕事をしている場合、相手にマイナスの印象を与えてしまい仕事に影響するケースも少なくありません。男性は女性と違い、メイクでクマを隠すのは難しいもの。ここでは、男性にできやすいクマの種類やセルフケアの方法、おすすめの治療法をまとめています。

目の下のクマに悩む男性へについて読む>>

目の下のクマは皮膚科で治療できるの?

目の下のクマは皮膚科でも治療できますが、保湿ケアがメインの限られたものとなってしまいます。皮膚の疾患を治すのが目的なので、保険適用の範囲までしか対応できないことも。クマを解消したいなら美容皮膚科がいいでしょう。保険の範囲に限らず、美容や生活のことを考えた最適な治療が受けられます。原因別おすすめ医療機関やさまざまなクマ治療を紹介しているので、気になる方は一度チェックしてみてくださいね。

目の下のクマは皮膚科で治療できるの?について読む>>

若いうちにクマができるのはなぜ?

クマは年齢に関係なくできるもの。最近では10~20代でもクマができる人が多いようです。クマができてしまう原因はパソコンやスマホの使い過ぎ、メイク時の摩擦などさまざま。ストレスや疲労でクマができてしまう人もいます。血行不良やこすりすぎは赤クマや茶クマだけでなくたるみも引き起こし、黒クマを併発することに。ここではクマの原因と解消法を紹介しています。クマはマイナスな印象を与えるだけでなく、見た目の老化にもつながる症状。悪化する前に早めに対処し、キレイに治しておきましょう。

若いうちにクマができる原因ついて読む>>

結婚式までに間に合うクマ対策は?

人生の中で一番美しい自分で結婚式を挙げたいと思うけど、目の下のクマが忙しさもありひどくて気になっている。なんとか挙式までに改善したいと思うものの、日々の忙しさに追われてそのままにしている。そんな方のために、即効性のある方法をお知らせしていきたいと思います。美しい花嫁として挙式を迎えるためにも、目の下のクマは解消しておきましょう。

結婚式までに間に合うクマ対策は?について読む>>

クマの種類の見分け方は?

目の下のクマは、その症状によっていくつかのタイプに分けることができます。もちろん、それぞれの原因によって適切な治療方法も異なるため、まずは自分のクマがどのタイプに当たるのかをチェックしましょう。その上で、予防・対策をしっかりと行っていくことが重要です。

クマの種類の見分け方について読む>>

こちらもオススメコンテンツ