レディエッセとは?

レディエッセ
とは?

さまざまなたるみ治療の中で、注射系治療と言われるもののひとつです。レディエッセで使われる薬剤は、カルシウムハイドロキシアパタイトという成分が主体となっています。これは、骨や歯の元になる成分でもともと体内に存在する物質です。そのため拒絶反応などがなく体への馴染みもいいため安全性が高いのが特徴です。一般的に美容整形の分野では、鼻や顎の整形をはじめとしてしわを改善するアンチエイジング治療などに用いられています。

同様な注射系治療にはヒアルロン酸もありますが、効果の持続時間が長いのがレディエッセだといわれています。

鼻などの整形につかわれるため硬いものをイメージしがちですが、実際には注入するため柔らかいジェル状になっています。このような注入することで形を作る材料をフィラーと呼びますが、ハイドロキシアパタイトはヒアルロン酸より粒子が大きく硬いので注入してから吸収されるまでの時間が長持ちします。

目の下にふくらみがある人は、その下にくぼみがあるケースも少なくありません。そういった場合、くぼみの部分にレディエッセを注入すると、その部分がフィラーによってふくらみくぼみが解消されます。こうすることでふくらみは目立たなくなり、逆にくぼみは解消されて影のない明るい印象の顔立ちになります。この治療では同時に目の下のクマも解消されます。

目の下に注入するだけなので治療時間はわずか5分程度と短時間。もちろん注射の針の跡だけなのでシャワーもメイクも可能です。痛みや内出血も少なく、すぐにいつのも生活に戻ることができます。ただし人によっては内出血などがみられることもありますが、メイクで隠せる程度だとされています。

レディエッセの料金相場:7万円~

さまざまなたるみ治療の中で、注射系治療と言われるもののひとつです。レディエッセで使われる薬剤は、カルシウムハイドロキシアパタイトという成分が主体となっています。これは、骨や歯の元になる成分でもともと体内に存在する物質です。そのため拒絶反応などがなく体への馴染みもいいため安全性が高いのが特徴です。一般的に美容整形の分野では、鼻や顎の整形をはじめとしてしわを改善するアンチエイジング治療などに用いられています。

同様な注射系治療にはヒアルロン酸もありますが、効果の持続時間が長いのがレディエッセだといわれています。

鼻などの整形につかわれるため硬いものをイメージしがちですが、実際には注入するため柔らかいジェル状になっています。このような注入することで形を作る材料をフィラーと呼びますが、ハイドロキシアパタイトはヒアルロン酸より粒子が大きく硬いので注入してから吸収されるまでの時間が長持ちします。

目の下にふくらみがある人は、その下にくぼみがあるケースも少なくありません。そういった場合、くぼみの部分にレディエッセを注入すると、その部分がフィラーによってふくらみくぼみが解消されます。こうすることでふくらみは目立たなくなり、逆にくぼみは解消されて影のない明るい印象の顔立ちになります。この治療では同時に目の下のクマも解消されます。

目の下に注入するだけなので治療時間はわずか5分程度と短時間。もちろん注射の針の跡だけなのでシャワーもメイクも可能です。痛みや内出血も少なく、すぐにいつのも生活に戻ることができます。ただし人によっては内出血などがみられることもありますが、メイクで隠せる程度だとされています。

レディエッセの料金相場:7万円~

レディエッセの評価!

効果実感 即効性 モチの良さ
★★★★★ ★★★★★ ★★★

【種類別】目の下のクマ治療徹底解説

メリット

メリット

もともと体内にある物質を注入するので親和性が高く拒絶反応もありません。すぐに治療ができて効果もすぐ実感できます。費用も他の治療と比較して安価なので気軽にできるたるみ治療といえます。ヒアルロン酸と比較しても効果は長持ちしますので、レディエッセを選択する人が増えています。

デメリット

デメリット

効果が1年半ほどしかないのが最大のデメリットといえます。しかしこれは個人差があり、早い人だと数週間から数ヶ月しか持たないケースもあるようです。そのため定期的な注入が必要です。比較的どこのクリニックでも導入しているヒアルロン酸より扱いが難しく注入にはテクニックが必要なので、熟練した医師が治療を行うクリニックがおすすめです。

レディエッセ
口コミ・評判集

目の下のクマがきれいになりました
長いこと悩んできた目の下のクマ。年齢の割に老けて見られ病気と勘違いされることもありコンプレックスでした。切る治療までは勇気がなくレディエッセを見かけて相談しました。実際に注入して嘘のように若く見える自分に驚きました。目の印象だけでこんなに違うんですね。
先生のアドバイスでレディエッセを受けました
目の下のたるみを取りたいと思って相談したところ、先生に手術じゃなくてもきれいになりますと薦められレディエッセにしました。今半年くらいですが、前の自分じゃないくらいきれいになっています。先生の診断のお蔭で痛い思いもせずにすみました。
先生のアドバイスでレディエッセを受けました
目の下のたるみを取りたいと思って相談したところ、先生に手術じゃなくてもきれいになりますと薦められレディエッセにしました。今半年くらいですが、前の自分じゃないくらいきれいになっています。先生の診断のお蔭で痛い思いもせずにすみました。
ヒアルロン酸よりレディエッセがおすすめです
毎年ヒアルロン酸を注入していました。でもヒアルロン酸の吸収が早いので相談してレディエッセにすることに。初めてでしたのでどんな効果が出るのか期待半分不安半分でしたが、やってみて1年経ってもまだ残っている感覚がありこちらにしてよかったと思いました。
違和感もなく、クマもしっかり消えました
目の下にあるクマのせいで、周りから「顔色が悪い」と言われ続けてきました。先生に相談したところ、目の下のクマにはレディエッセの注入が良いとのことで、1.5ccのものを使いました。麻酔をかけてもらったので痛みはほとんどなし。施術中は一緒に鏡で確認しながら注入していきました。約15分程度で終了。直後は少し腫れましたが術後数時間で化粧は可能でした。
頬のたるみがアップ。目の下のくぼみも解消できた
自分の顔が急に老けたように感じたのですが、その理由は目の下がへこんでいるからなのでは?と思い病院に行きました。すると、やはり頬が下がっていることが老けて見える原因とのこと。なので上の頰にレディエッセを注入してもらいました。その日のうちに治療ができるとのことで、すぐに注入してもらえたのも良かった。頬の高さがかなりアップしたので若返った印象です。
濃いシワがキレイになり、女らしい印象に
目の下から頬にかけて八の字のような濃いシワがあるので老けて見られたり、疲れて見られたりするのに悩んでいました。 レディエッセはダウンタイムもないと聞いていいなと思い、施術を受けました。印象としてはプチ整形、といった感じ。初めての美容整形だったので不安でしたが、目立っていた八の字ラインが自然にキレイになり、顔が若返りました

レディエッセの失敗例

レディエッセは、ヒアルロン酸と比べると硬い物質なので、顔の柔らかい部分(目の下、ほうれい線など)に注入した場合に硬いしこりになってしまうことがあります。この時問題になってくるのが、カルシウムでできているレディエッセには「融解剤がない」ということ。除去するためには切開してかきだすしか方法がないため、いちど注入すると簡単に元に戻すことができないのです。解決方法としては1〜2年の間、なじむまで待つしかありません。

参考:高須クリニックホームページ
左右の頬の高さが違う仕上がりになってしまいました
目の下のたるみが気になり、老けて見えるのをどうにかしたいと思い施術を受けました。施術の内容としては目の下の脂肪を取った後に、頬の上あたりにレディエッセを入れたのですが、その部分は手で触っても感覚が全くありません。さらに右と左の頬の高さが違っているため顔がむくんで見えます。クリニックで言われるがままレディエッセを入れてしまったことを後悔しています。今では鏡を見るのが本当に嫌になってしまいました。
すぐに吸収されてしまいます
レディエッセを1年に1回のペースで入れています。1ヶ月前に入れたものも、もう吸収されてしまった感じがするのですが…。個人差はもちろんあるとは思うのですが、「もう吸収されちゃったの?」という感覚で自分でもびっくりしています。最初に入れた時は、もう少し長持ちしたような記憶があるのですが。こんなに何度も入れないといけないとは思ってもいませんでした。無駄にお金を使ってしまったように感じています。
溶かすことができないということを注入後に知りました
ヒアルロン酸を希望してクリニックに行ったのですが、カウンセリングの時にレディエッセを勧められたのでそちらを注入することにしました。1週間経ちましたがイメージと違う顔になってしまいました。人に会うこともしたくない。本当に後悔しています。溶かすことができないので、完全に元に戻すには時期を待つしかないと言われてしまいました。自分で調べたら、どうしても取り出したいなら切開してかき出すしかないとか。時間が早く過ぎるのを待つばかりです。
腫れが引かず、痛みが…
頬にお肉がなく、こけて見えるため左右の頬にレディエッセ1.5gを3本入れました。注入してから2週間以上経ってもかなり頬が膨らんでしまっているので、マスクをつけて隠している状態が続いています。それに触ると痛みも感じます。病院に聞いてみると、1ヶ月の間はその部分には触らないようにとのこと。レディエッセは腫れが出やすいと聞いてはいましたが…。入れ過ぎたのではないか、ちゃんと腫れが引くのかどうかとても心配です。
内出血がなかなかおさまらない
レディエッセを入れましたが、内出血が広がってしまい、日に日に真っ赤になっているような気がします。注入した以外のところにも内出血が広がっています。ヒリヒリしているところもあり、皮膚科に通って薬をもらっています。内出血は1ヶ月もあればおさまるとは言われましたし、注入したところ以外に内出血が出るのは重力の関係だと言われました。今はコンシーラーを重ねて隠していますが、気になって仕方ありません。
しこりが残ってしまいました
目の下のたるみを取るためにクリニックで相談したところ、「レディエッセを入れれば、目の下のたるみが解消できる」と言われて施術を受けてみました。でも、施術を受けた後、レディエッセはしこりになって残ってしまいました。その部分を指で触ると何かがあるのがわかります。注入するところが浅すぎると、しこりとなって残ることがあるのだと後から知りました。いろんなことをちゃんと確かめてから受けるべきだったと思っています。

失敗しない病院の選び方

レディエッセは、注入する量や部位で完成度がちがいますので、医師のセンスや技術が必要です。そのため病院選びがとても重要になります。レディエッセを受けるために知っておきたい病院選びのポイントを紹介しておきましょう。

  • レディエッセに実績のある医師が施術すること
  • カウンセリングは医師自身が行い、要望など丁寧に聞いてくれるところ
  • これまでの口コミなどの評価が高いところ
  • 質の良いフィラーを使用していること
  • 費用が明記されていること

おすすめクリニック3選

  • セオリークリニック(サイトイメージ) セオリークリニック レディエッセ治療に限らず豊富な経験と数多くの治療実績を持つ医師が施術を行います。信頼と技術力が高いと評判のクリニックで、レディエッセは比較的リーズナブルに受けられると人気の治療となっています。 公式HPでもっと詳しく
  • SOグレイスクリニック(サイトイメージ) SOグレイスクリニック アンチエイジング治療を中心に行っているためレディエッセは実績が豊富。もともと脳外科医としてのキャリアが長いため、繊細な治療で目の下のクマやたるみ治療では第一人者との呼び声の高い医師です。 公式HPでもっと詳しく
  • 大塚美容形成外科(サイトイメージ) 大塚美容形成外科 全国に6院展開しており、開業から40年以上と実績のある美容外科。「最小の手術で最大の効果を」をモットーとしており、カウンセリングから医師が担当。患者自身がきちんと納得し、満足できる施術を提案してもらえます。 公式HPでもっと詳しく
こちらもオススメコンテンツ