目の下への脂肪注入とは?

脂肪注入
目の下への脂肪注入とは?

クマがなく、ふっくらと優しい印象で、健康的な目元は若々しく見えるものです。それを安全な自身の脂肪で実現させたのが、目の下の「脂肪注入」です。 目の下の脂肪注入とは、自分の体の目立たない部位から脂肪を抽出し、それを目の下に注入する方法です。

注入する脂肪は、目の下のたるみから採取する場合もあれば、お腹や太ももなどの脂肪を使用することもあります。
目の下の凹みが原因で黒クマが出来てしまっている方や、目の下のシワが気になる方にぴったりの治療法で、ふっくらとハリのある優しい目元を手に入れることができます。 通常は、治療後7日から10日程度で施術部位が落ち着いてきます。

約3週間後には脂肪が定着し、1ヶ月から1ヶ月半で定着できない脂肪が吸収され、本来の効果を確認することができます。医師の技術が未熟な場合は凸凹の仕上がりになってしまうこともありますが、大抵の場合はマッサージを行うことによって均一にできます。
脂肪の生着率は、脂肪の精製方法によって差があります。遠心分離機で生きている脂肪細胞だけを分離させて注入する方法では、脂肪の生着率は5割~6割程度といわれています。
また最近では、遠心分離機よりもダメージの少ない脂肪細胞を、より高純度に精製することができる「ピュアグラフTM」も登場し、なんと8割もの生着率が実現すると、注目を浴びています。

クマがなく、ふっくらと優しい印象で、健康的な目元は若々しく見えるものです。それを安全な自身の脂肪で実現させたのが、目の下の「脂肪注入」です。 目の下の脂肪注入とは、自分の体の目立たない部位から脂肪を抽出し、それを目の下に注入する方法です。

注入する脂肪は、目の下のたるみから採取する場合もあれば、お腹や太ももなどの脂肪を使用することもあります。

約3週間後には脂肪が定着し、1ヶ月から1ヶ月半で定着できない脂肪が吸収され、本来の効果を確認することができます。医師の技術が未熟な場合は凸凹の仕上がりになってしまうこともありますが、大抵の場合はマッサージを行うことによって均一にできます。
より生着率が高まるよう、遠心分離機で生きている脂肪細胞だけを分離させて注入する方法も高い支持を得ています。

ボトックスの評価!

安全性 即効性 モチのよさ
★★★★★ ★★★★★ ★★★★★

【種類別】目の下のクマ治療徹底解説

メリット

メリット

コラーゲンやヒアルロン酸注入のような異物を注入するわけではなく、自分自身の脂肪を使用するため、アレルギー反応や副作用などの心配もいりません。
また、ヒアルロン酸等は半年から1年程度の持続効果でしたが、脂肪注入の場合は5割~6割程度は生着するため、より高い効果が期待できます。自分の脂肪を使用するため、柔らかく自然に仕上がることも嬉しいポイントです。

コラーゲンやヒアルロン酸注入のような異物を注入するわけではなく、自分自身の脂肪を使用するため、アレルギー反応や副作用などの心配もいりません。
また、ヒアルロン酸等は半年から1年程度の持続効果でしたが、脂肪注入の場合は6割程度は生着するため、より高い効果が期待できます。自分の脂肪を使用するため、柔らかく自然に仕上がることも嬉しいポイントです。

デメリット

デメリット

目の下の脂肪注入は、コラーゲンやヒアルロン酸注入に比べて持続効果が長いものの、一度で希望通りの効果が得られなかった場合は修正が非常に困難です。
何度かヒアルロン酸注入を試し、希望通りの効果が得られるようになったら脂肪注入に切り替えるというのも一つの手でしょう。どちらにしろ、目の下の脂肪注入の実績が豊富なクリニックを選ぶことが失敗を避ける方法です。

目の下への脂肪注入
口コミ・評判

友人から「最近キレイになった!」と嬉しい声が
それまで化粧で隠してきたクマ人生でしたが、思い切って脂肪注入やってよかったです!微妙な変化だからあまり人には気付かれないのですが、施術をしたことを明かした友人には「どうりで最近キレイになった!」と言われました。
ダウンタイムが短く、理想的な目元になりました
思ったよりもダウンタイムが短かったのが良かったです。当日は少し腫れる程度で、10日後には硬さがなくなり自然な顔になりました。一番良くなったのは12日目くらいからでした。理想的な結果に大満足です。
久しぶりに会った両親もびっくり
目の下の影グマが年々ひどく目立つようになり、ついに脂肪注入を決意。1週間もすると腫れは完全に引き、かなり若返り、表情も明るくなりました。両親も私の変化に気づいて、一緒に喜んでくれました。
脂肪注入するときは針を刺すときに痛みが少しある程度
麻酔をして脂肪吸引するまでの時間は約10分程度。この間は何も覚えておらず痛みもありませんでした。目の下に脂肪を注入していくときは、ドクターと手鏡を見ながら注意深く患部に注射していきました。痛みは我慢できる程度。約1週間後に脂肪吸引した箇所の抜糸をおこなうものの、ひと針しか縫っていないのでわからない状態。目の下は2週間経過しましたが、周囲からも「若くなったね。元気そう」とよく言われています。
脂肪吸引した場所のガーゼにかぶれて湿疹ができてしまいました
会社を1週間休んでのチャレンジ。
脂肪を取るときは笑気麻酔をしましたが痛みがありました。脂肪を取り出す痛みよりも麻酔のほうが痛かった。所要時間は約1時間ちょっとで、取り出す時間よりも入れる時間のほうが長く感じました。むくみのピークは2日目で、その後はアザと共に少しずつ解消されて7日目にはほぼ目立たない状態になりました。
育休中なら会社のスタッフにも気づかれないと思い受けました
10代の頃からずっとクマに悩んできて、いろいろ試したけどダメ。永久脱毛で通っているクリニックで脂肪注入をすることに決めました。受けてから3日目までは腫れが酷かった。4日目に腫れがひき出血部分が黄色くなってきたので、メイクして外出できるように。10日めで内出血は消え、クマも目立たなくなりました。

目の下への脂肪注入
失敗例

  • 注入のときに下眼瞼脂肪のバランスを見誤ることで目の下に凹凸ができることがある。
  • 注入するときに脂肪が外気に触れることで感染症を発症するリスクがあります。
  • 脱脂術をすることで部分的に脂肪を取り過ぎてしまうことで皮膚にアンバランスな窪みができて、逆に目立ってしまう。

参考:銀座CUVOクリニック「目の下のくま、たるみ治療のリスクについて」(http://cuvo-eyedesign.com/treat/risk.html)

脂肪注入したら目の下にしこりができてしまいました
目の下の黒いクマが昔から気になっていました。黒いクマには脂肪注入(CRF注入)が効果的だとわかりくぼんでいる箇所に注入しましたが、目の下に一箇所しこりができ顔が腫れあがり別人のように。
脂肪が再吸収されて元に戻ってしまった
施術後、目の下のたるみ、クマはよくなったけれど、右と左の印象が違うので病院に伝えると再手術を勧められて更に施術料金を請求されました。私の場合は脂肪が部分的に再吸収されてしまったためにちぐはぐになってしまったようですが、そんな説明は事前にされませんでした。なんか騙された感が強い。
受けてから3か月後に状態を維持できる確率は50%
脂肪注入をすれば改善されると信じて受けたのに、必ずしもその状態が数年維持されるわけではないことをネットで検索して知りました。元々脂肪量が少ないと再吸収された場合、再施術を受けるにしても時間を空けないといけないようで、また受けても再吸収されてしまったら意味がないし、この施術は向き不向きがあるのかもしれませんね。私は、高額な費用を支払ってまた同じリスクをおかしたくないので再施術はしませんが、勧めるときにちゃんとリスクについても説明して欲しいと思いました。
今は大丈夫でも6年後にしこりができる可能性がある
脂肪注入で問題視されている施術後のしこり。このしこりができるタイミングは人それぞれで、数か月後にできる場合もあれば、6年後にできる場合もあるとか。今はできていなくても、いずれできるかもしれない不安に怯えて生活するのは辛い。もしもできたら、また病院で治療を受けなくてはいけないし、費用もかかる。安易に手を出したことを後悔しています。
脂肪注入をして老け顔に更に拍車をかけることになってしまいました
目の下の脱脂手術を受けてシワだらけになり、窪んだ場所は色素沈着のようになってしまいました。その後、別の美容外科で脂肪注入を受けましたが、施術後、ゴルゴラインができてしまい、それに沿うように青あざが広がり、ゾンビみたいな顔。目の下は脂肪注入のしすぎで脂肪のしこりができてしまいました。自分の顔を鏡で見るたびに悔しくて後悔しっぱなし。精神的にも病んでいます。医師はしこりを溶解する注射をするとよくなると言うけれど信用できません。
定着率を上げる注射をしたほうがいいのか悩んでいます
脂肪注入をして再吸収されてしまい効果がないも同然の結果に。別の病院で、太ももから採取した脂肪を精製した(トランスリポファー)を再び目の下に所々打つことで5割の定着率が9割にアップすると説明されましたが…。費用も馬鹿にならないですし、本当かどうかもあやふやだし、このままにしておこうか、チャレンジしてみようか、とても悩んでいます。

失敗しない病院の選び方

美容外科の施術も医療行為である以上、常にリスクがつきものです。このリスクを回避するには、安全性を最優先しており必要な治療のみ行っている病院を見極めることが大切です。

特に下記のようなクリニックは要注意です。

  • 営利目的で無理に高額な施術を勧める
  • 再手術目的での治療を前提で診察を行う
  • 科学的裏付けがないのに安全性を強調
  • 施術後のデメリットの説明がない

また、傷痕が残るかもしれない施術の場合、そのリスクと対策をしっかりとしてくれるかどうかも重要。特に顔に傷痕ができてしまえば、その傷に対してコンプレックスを持つことにもなりかねないですね。綺麗になるための施術が顔にトラブルを抱えることがないように病院選びは慎重にしたいものです。

おすすめクリニック3選

  • セオリークリニック(サイトイメージ) セオリークリニック セオリークリニックでは、脱脂術で除去した脂肪を生着しやすいように処理し、くぼみ部分を埋める「脱脂術+リポトランスファー」という治療を行います。最低限の麻酔で痛みをなくし、腫れにくいようにしているそうです。 公式HPでもっと詳しく
  • オザキクリニック(サイトイメージ) オザキクリニック 太ももやお腹から採取した脂肪を遠心分離機にかけ、不純物を取り除いてから注入するオザキクリニック。「マルチミニマムインジェクション」と呼ばれるオリジナル注入法で、丁寧な施術を行うそうです。 公式HPでもっと詳しく
  • 銀座みゆき通り美容外科(サイトイメージ) 銀座みゆき通り美容外科 銀座みゆき通り美容外科では、太ももやお腹から脂肪を採取して遠心分離機にかけ、専用ドリルカッターでクリーム状にして注入します。静脈・笑気・点眼・浸潤と4種類の麻酔を使用し、痛みなく施術しているようです。 公式HPでもっと詳しく
こちらもオススメコンテンツ