目の下のボトックス治療とは?

簡単な治療で目の下のたるみやクマを改善させる方法が、「目の下のボトックス注入」です。ボトックスとはボツリヌス菌の毒素で、筋肉の発達をブロックする効能があります。そのため、表情筋によって生じる額や眉間などのしわの解消に効果的で、アメリカを始めとする欧米では大変ポピュラーな治療法となっています。

筋肉が麻痺する働きを利用し、目の下のクマやたるみの治療にも採用されています。目元や口元に軽いリフトアップ効果をもたらすため、スッキリとした目元に導き、目を大きく見せる効果も得ることができるのです。
FDAでも認可され、安全性が認められているのがアラガン社製ボトックスのみになります。つまり『本物』と呼べるボトックスはこのアラガン社製のみになりますが、最近では中国製や韓国製の安いものも出回っていますので、注意が必要です。

目の下のボトックス注入の効果は、個人差はありますが治療後3日程で徐々に発揮されます。7~10日後には目元のハリを実感できるはず。持続効果は3~6ヶ月程度ですが、治療を受け続けることによって持続効果が長くなると言われています。

メリット

持続効果は半永久的ではないものの、メスを使用することなく手軽に治療を受けられることが一番のメリットでしょう。切開をせずにクマやたるみを改善したい、という若い方にも受けている治療法です。
施術時間は10分程度と短時間。ダウンタイムもほとんどなく、目元の腫れやむくみの心配もいりません。初めての方でも、アレルギー反応や副作用を引き起こすことなく、安全に治療を受けることができます。

デメリット

クリニックによっては注入量が少ないところもあり、「あまり効果がなかった」という残念な口コミも時々みかけます。また、安全性で質の低いボトックスを入れらることも…。そのようなクリニックでは治療費が格安に設定されていますので、最初に価格だけにとらわれないよう、きちんと他院と比較することが大切です。
またボトックス注入は、医師のテクニックが大変重要になりますので、経験豊富な医師の下で受けるようにしましょう。

目の下のボトックス治療口コミ・評判

凸凹にならないようにという先生の配慮が的確!
入れすぎて凸凹になるといけないので、という先生の配慮で少なめに入れることになりました。少量でしたが目元がふっくらとして若返りました!私には適量だったようです。先生の技術で満足度がかなり違うと思います。
ボトックス一度の治療で二度おいしい効果を得られました
目の下にボトックス注入をするとリフトアップ効果があると聞き、5日前に受けてきました。5日目ですが、かなり効果が出てきたようで、たるみだけでなくシワも改善されました。一度で二度おいしい治療ですね。
リフトアップ効果を実感!1週間後には自然な目元に
たるみが気になり目の下にボトックス注入をしてもらいましたが、思いのほか効果がありました。治療3日目には目元がリフトアップされているのが実感でき、1週間後には自然な若々しい目元になりましたよ。

おすすめクリニック3選

  • 湘南美容外科クリニック(サイトイメージ) 湘南美容外科クリニック 米国認可+厚生労働省認可のアラガン社製ボトックス、韓国製REGENOXの2種類から選ぶことができます。湘南美容外科クリニックでは、1ヶ月以内に効果が出なければ再注入してくれるようです(アラガン社製のみ)。 公式HPでもっと詳しく
  • オザキクリニック(サイトイメージ) オザキクリニック 年間5,000件以上のボトックス注入を行うオザキクリニックでは、医師全員がアラガン社の認定医制度(VST認定医)を取得しています。また、極細針を使用し、痛みや内出血を起こしにくいように配慮しているようです。 公式HPでもっと詳しく
  • タカミクリニック(サイトイメージ) タカミクリニック 70,000件以上の症例から、独自メソッド・デザイン力を開発したというタカミクリニック。アラガンジャパン社製BOTOX VISTAとMedy-Tox社製ニューロノックスを使い分けて、アラガン社認定のVST認定医が施術するようです。 公式HPでもっと詳しく
こちらもオススメコンテンツ