目の下のクマ&たるみ治療に関するQ&A

気になる目の下のクマたるみ、治療前に知っておきたいコト
顔の印象を一気に老けさせてしまう目の下のたるみやクマ。この悩ましい老け顔を解消したい!でも、目の下のたるみ・クマ解消の手術って一体どんなもの?その費用は…?本格的治療に入る前にこれだけは知っておきたい、そんなQ&Aをまとめてみました。

目の下のクマ治療徹底解説

クマの種類によって最適な治療方法は違います

目の下のクマには種類があり、その原因もさまざま。当然、ベストな治療法もクマの種類によって違います。ここでは、クマの特徴や見分け方を解説し、最適な治療方法やオススメのクリニックをご紹介いたします!

黒クマにオススメの
脱脂術+リポトランスファー
セオリークリニック
セオリークリニック
低価格で大満足できる結果が得られるのがココ。治療メニュー豊富で挑戦しやすく、施術は丁寧で腕が良いと評判の人気クリニック。
茶クマにオススメの
タカミ式メソフェイシャル
タカミクリニック
タカミクリニック
メスを使わない治療にこだわり、注入治療などのアンチエイジング施術に力を入れているクリニック。美容エステも受けられます。
青クマ・赤クマにオススメの
EBCオリジナル血流改善ガス治療
恵比寿美容クリニック
恵比寿美容クリニック
妊娠線・肉割れ治療や薄毛治療に定評のあるクリニック。クマ治療では海外の技術を取り入れているそうです。

目の下のクマ治療・たるみ取り 整形メニュー大辞典

クマ・たるみの治療法を大特集!
一口に目の下のクマ・たるみといっても、できてしまう要因は様々です。その要因に合わせて、改善方法を決めていく必要があります。適した治療法を見つけるには、まず美容クリニックのカウンセリングで、自身の目の下のクマやたるみのタイプを詳しく診てもらいましょう。

目の下のクマ解消に関するギモン

クマが出来る原因は?

目の下は他の皮膚と比べて非常に薄いため、睡眠不足や疲れなどで血液が黒ずんでしまうとすぐに「クマ」として現れてしまいます。睡眠をとることで解消できるクマもありますが、中にはそうはいかないものも…。ここではクマを引き起こす原因や悪化させる4つのNG行動、予防・改善策などをご紹介します。目の下のクマは年齢以上に老けて見られたり、疲れているように思われたりする女性の悩みのタネ。そうならないためにも、早めの対策を心がけましょう。

青クマを消すには

スマートフォンやパソコンを長時間使い過ぎて目が疲れたり、仕事が多忙で寝不足が続いたりしたときにできる、グレー色をしたクマの正体が「青クマ」。青クマは血行が悪くなることで引き起こされ、肩こりや冷え性も大きく関わっています。ここでは、電子レンジひとつあればできる解消法や再発防止方法などをピックアップ。青クマを上手に隠すメイクテクニックもご紹介します。睡眠やマッサージでは解消できなかった方はお見逃しなく!

茶クマを消すには

茶クマとは茶色がかった黄色っぽいクマです。茶クマは化粧品による色素沈着やメラニンが蓄積されることによって引き起こされ、高齢者や皮膚が弱い方などに多く見られます。他のクマとは異なり血行を良くするだけでは解消できないため非常に厄介な存在です。ここでは茶クマを引き起こす原因や解消法、メイクで隠すテクニックなどをご紹介しています。放っておくと「たるみ」へつながる可能性も十分にあるので、早めの対策が必要です。

赤クマを消すには

長時間のテレビ視聴やパソコン操作で目を酷使することによって、目の周りが腫れたような状態になる赤クマ。目の下の血行不良や小さな血栓症ができることで発生し、他のクマと比べるともっとも症状が軽いクマです。ここでは赤クマの消し方や再発防止のトレーニング方法、上手に隠すメイク術などをご紹介。赤クマをそのまま放置してしまうと黒クマを一緒に発症させたり、たるみの原因になったりする恐れもあるので、現れたらすぐに対応するようにしてくださいね。

クマって病気なの?

多くのクマは血行不良が原因ですが、中には病気が原因の可能性も考えられます。食欲がなくなる・トイレが近くなった・皮膚がかゆいなど、クマが出たと同時に身体の変化も起きたら要注意。どれかひとつでも当てはまるものがあれば、すぐに病院へ行って診察を受けるようにしてください。クマは身体の異常を伝えるサイン。放っておくと大変な事態になる恐れもあるのです。すぐに対処できるように、クマを引き起こす病気やクマの種類別に疑われる病気をまとめてご紹介します。

クマを治すあらゆる方法

クマを解消するための治療法には、美容外科での手術・エステでの治療・セルフケアなどがあります。顔のパーツの中で人に与える印象がもっとも大きいと言われている「目」。目の下にクマがあると、年齢以上に老けて見られる・相手に怖いイメージを持たれる・疲れているような印象に見えるなど、マイナス要素がいっぱいです。それほど目のケアには注意が必要。どの治療法が自分自身に合っているかをきちんと把握して、美しい目元を取り戻しましょう。

目の下のタルミに関するギモン

たるみが出来る原因は?

顔のパーツの中でもっとも年齢が出やすい目元。歳を取るにつれてたるみができると考えている方は多いのではないでしょうか?しかし、たるみの原因は決して加齢だけではありません。たるみはさまざまな要因が重なり合って生じるもの。ここでは、日常生活でたるみを引き起こすNG行動や予防策、たるみができた時の対処法をご紹介します。一度できるとなかなか消せないたるみだからこそ、しっかりとした知識を身につけて対処しましょう。

脂肪除去の基礎知識

目の下のたるみの原因となっているのが「眼窩脂肪(がんかしぼう)」。眼窩脂肪は目の周りの眼輪筋が衰えることで脂肪が垂れ下がり、たるみとなります。このたるみを根本的に解消してくれる治療法が「脂肪除去」。脂肪除去がもたらす効果やダウンタイムが短いクリニックの選び方、実際に治療を体験した人たちの口コミなどをご紹介しています。目の下のたるみは黒クマも同時に生じさせるので、早めのクリニック治療がおすすめですよ。

たるみ解消のあらゆる方法

目の下のたるみは病気でない限り、ほとんどの症状を解消できます。ここではたるみに関する悩みの度合いを3つに分け、それぞれのセルフケアや解消法をご紹介。自分の悩みはどの項目に当てはまるのかをきちんと把握して、必要な処置を取るようにしてください。目の下のたるみは他人から悪い印象を持たれてしまう恐れもあるため、接客業や営業職の人は要注意。いろいろな要因が重なり合うことで老化現象を加速させてしまう可能性もあるので、早め早めの対策が必要です。

たるみを食い止める予防法

目の下のたるみを解消するためには、いち早く予防することが大切です。ですが間違ったセルフケアを実践していると、さらにたるみを悪化させてしまう事態にもなりかねません。ここでは今日からすぐに始められるセルフケアやたるみが引き起こされる原因をピックアップ。セルフケアでは対応できないたるみの除去方法についてもご紹介します。たるみは悪化するとメイクでカバーできなくなってしまうため、早めの対応を心がけましょう。

目の下のたるみに悩む男性へ

目の下のたるみに悩んでいるのは、決して女性だけではありません。ここ最近では、たるみ解消のために美容外科へ足を運ぶ男性が増えています。特に仕事で人前に出ることの多い男性は、目の下にたるみがあると「目つきが悪い」「覇気が感じられない」というマイナスな印象を持たれ支障をきたす可能性も。ここでは、男性が目の下のたるみを解消することで生まれるメリットや美容外科で受けられる目の下のたるみ除去方法をご紹介します。

たるみ治療・手術のリスク

目の下のたるみをすぐに解消するには、美容外科で手術を受けることが一番の近道です。しかし、目の下に限らず、すべての手術にリスクはつきもの。ここでは、手術を受ける前に知っておきたいリスクやデメリットをご紹介します。満足のいく手術を受けるための名医を選ぶポイントや万が一の場合が起きたときの対処方法をまとめました。事前の下調べを慎重に行ってリスクに対する理解を深め、満足のいく手術が受けられるようにしましょう。

切るたるみ取り、切らないたるみ取り

目の下のたるみを除去するには、原因となる皮膚や眼窩脂肪(がんかしぼう)を取り除く必要があります。美容外科でよく行われている目の下のたるみを除去する方法は、メスを使用した「切るたるみ取り」とメスを一切使用しない「切らないたるみ取り」の2種類が一般的。ここでは、それぞれのメリット・デメリットを詳しくご紹介します。2つの治療方法のメリットやデメリットを知り、自分の希望に沿った効果が得られる治療法を選ぶようにしましょう。

実は怖い!目の下のたるみを放置すると…

目の下のたるみはすぐに改善できると思って、ついつい放置していませんか?そのまま放っておくと、上まぶたが垂れ下がってしまう「眼瞼下垂(がんけんかすい)」を引き起こす可能性も。眼瞼下垂はまぶたが開きづらくなるだけではなく、そのほかにもさまざまな身体の不調の不調を引き起こします。ここでは眼瞼下垂がもたらす症状をご紹介。目の下のたるみを放置して重度な症状を引き起こす前に、気づいた段階ですぐに治療するようにしましょう。